Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

小倉城

九州の全ての道は小倉から通ず
 
●当初の小倉城
1569年(元禄12年)中国地方の大名・毛利元就が九州に侵攻した際に築かれた。
その後1587年(天正15年)に豊臣秀吉が九州平定に折、毛利勝信に田川・企救
6万石を与え小倉城に城主にした。

●小倉城改築

細川忠興が関が原合戦の功績によって、1600年に豊前国主として最初に中津に入国、
中津城を居城とした。
しかし領国支配に中津城は不敏なため、九州の玄関口で水陸交通の要衝だった
小倉に移るために1602年約7年の歳月をかけ1602年(慶長7年)から7年の歳月をかけて
改築し、1609年(慶長14年)に完成した。
     

●改築時の小倉城

本丸は北側東西約180メートル、南側で約86メートルの規模で、本丸を取り囲むように
松の丸、二の丸が配され、二重、三重の堀が巡らされているとともに、
板櫃川と紫川を外堀とされた。


紫川を挟んで城下町が東西に分けて作られ、東はおもに町人や下級武士が住む町、
西は武家屋敷とされた。これが現在の小倉の中心市街地の基盤で、
魚売りが住んでいた「魚町」、米屋が住んでいた「米町」など町名に城下町
だったころの名残を見ることが出来る。

●徳川家康に配慮した天守閣
全国でも3城しか確認されていない珍しい「唐造」という技法の天守閣。
最上段を下段より大きくつくりその間の屋根を省略した。そのため見た目は
5層であるが、内部は6層となっている。俗にいう南蛮造り。
 
見た目は不安定な印象を与えるが訳がある。
忠興は江戸幕府では外様であり、新参の大名であるため、諸大名が力を持つことを
嫌った家康に配慮して、本来は6層なのを5層に見せる唐造技法を採用した。

●小笠原氏の入国
1632年に肥後国の加藤忠広が改易された後に細川忠興が転封した。
その後播磨国から小笠原忠真が入り、以後小倉藩主の居城となる。
1837年に本丸御殿と天守を焼失し、その後天守は再建されなかった。
1866年、第二次長州征伐で小倉藩と長州藩が戦闘した際、小倉藩は長州藩の
攻撃の前に撤退を余儀なくされた。
その際小倉城に火が放たれ、城の大部分の建物が焼失した。
 


その後市民からの熱烈な要望もあり、1959年(昭和34年)に再建され
現在の姿によみがえった。
 

アクセス
JR小倉駅から徒歩15分、西小倉駅から徒歩10分
営 業
4月~10月:9:00~18:00
11月~3月:9:00~17:00
電 話
093-561-1210
入場料
大人:300円、中学生:200円、小学生:100円
関連サイト

 


 

 

 - Blog