Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

Kyushu Photo Gallery

三宜楼

門司港の繁栄を象徴する料亭三宜楼
 
関門海峡を一望できる山側の傾斜地に1931年(昭和6年)に建てられた和風建築の料亭で、
1955年(昭和30年)ごろまで営業していた。
木造3階建で、現存する料亭の建屋としては九州最大級。

   

石炭と西日本唯一の国際貿易港として賑わっている時代に、建築の新古の粋を集め造られた
優雅で豪華な建物。

  

建物の2階には百畳の間と呼ばれる64畳の大広間と舞台があり、石炭業、海運業関係者らの宴が
多数開かれていた。

  

出光佐三や陸軍上層部、中野真悟など北九州の名士も足を運び、歌手・東海林太郎、
喜劇俳優・古川ロッパ、俳人・高浜虚子の足跡も残っている。

 
2005年(平成17年)には売りに出されたが、地元の保存会に熱心な保存活動の末、
北九州市に寄贈された。

   

2014年(平成26年)に改修工事が完了し、50年ぶりに営業を開始した。
 

【三宜楼の歴史】
・1906年(明治39年)旧三宜楼開業 清滝
  創業者は京都生れ、春帆楼で働いたことのある、三宅アサ 
・1911年(明治44年)手狭なため、現在の場所に新築
・1931年(昭和6年)改築し現在の姿となる。 
・1955年(昭和30年)ごろ閉店


 

 - Blog