ジャパン九州ツーリスト株式会社  Japan KYUSHU Tourist

*

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour
日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

高 炉

高炉は鉄鉱石から 「銑鉄」をつくる設備です。

工場見学で案内する戸畑第4高炉を紹介します。
2014年に改修工事が行われ、新しく生まれ変わった高炉です。
内容積が5,000m3で1日に10,000トン以上の銑鉄を製造することができます。

工場見学
バスを降りたら、目の前にそびえる大きな高炉の全貌を見てもらいます。
それから、鋳床に上り、真赤に溶けた銑鉄が実際にでれ来る様子を見学してもらいます。
昼夜休みなく稼働し続ける、ダイナミックな工場を肌で感じてもらいます。

高炉とは
上部から鉄鉱石とコークスが交互に挿入されて、炉内に積まれ、
下にある羽口というところから、熱風炉で熱せられた熱風が吹き込まれます。
その温度は2200~2500℃にも達します。
炉内で鉄鉱石の酸素がコークスの燃焼で発生した一酸化炭素ガスと作用して
還元され、鉄分が底に沈殿します。
その鉄は、この過程で炭素を吸収するので「銑鉄」と呼ばれます。

つまり銑鉄は高炉で作られた鉄で、炭素を1.7%以上含んでいるため
硬くて脆く、強く叩いただけで割れてしまいます。

その銑鉄はトピードカーで製鋼工場に運ばれ、転炉に入れて酸素を吹き込み精錬作業が行われます。
写真は東田高炉記念広場に展示してある、トピードカーと転炉です。
  
   銑鉄を製鋼工場に運ぶトピードカー             酸素を吹き込み精錬する転炉


新日鐵住金/八幡製鉄所工場見学

 - Blog