ジャパン九州ツーリスト株式会社  Japan KYUSHU Tourist

*

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour
日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

北九州の世界遺産ツアー

  明治日本の産業革命遺産 官営八幡製鐵所関連
旧本事務所 ②旧鍛冶工場 ③修繕工場 
遠賀川水源地ポンプ室 
世界遺産群が伝えること
・幕末から明治初期にかけ短期間のうち産業革命を
    成し遂げ、技術立国の礎を構築したこと。
・その後、急速な産業発展を成し遂げ、現在世界一の
    工業立国をなった道程を証言すること。

 ●北九州で行われた日本の産業近代化
1901年(明治34年)に銑鋼一貫の近代的製鉄所が八幡で産声をあげ、北九州の地で日本の産業近代化が行われた。そして短期間のうちに、世界一の工業立国となった道程を世界遺産の施設や産業遺産を巡りながら紹介します。


1)世界遺産バスツアー(北九州発着の企画型ツアー)外国人向けの企画も行います。

 団体のお客様のご要望の日程に合わせて企画し、催行するツアーです。     

なぜ世界遺産に登録されたのか、八幡製鐵所の近代化産業遺産を
巡りながら、それら遺産の裏側に秘めた「謎」や「先人の取組」
を紹介します。


石炭と製鉄の歩みを辿る旅 
このツアーでは、石炭をテーマにし、安川敬一郎を始めとする
先人達の関連施設と筑豊から運ばれた石炭の経路を辿りながら、
日本の産業近代化の歴史の幕開けに紹介します。


沼田尚徳の功績を辿る旅 
当時東洋最大級の規模を誇り、日本を代表する近代化産業遺産の
ひとつとして世に知られている河内貯水池を始め、数々の遺産を
この世に残している。 その遺産群の裏側に秘められた
人間ドラマを紹介します。


2)新日鐵OBよるガイド
 (英語でも案内します)

 全員が製鉄設備の開発や建設などに携り、鉄鋼業の産業発展に貢献してきた、新日鐵OBの世界遺産ガイド隊

【案内場所】
東田地区
旧本事務所旧鍛冶工場修繕工場東田第一高炉八幡泊地(堂山成品岸壁)  
北九州イノベーションギャラリー  

製鉄所建設時の様子、操業立上げ時の苦難、そして遺産群が現在まで見てきた、戦争、公害問題、更には環境未来都市・北九州になるまでの道程を紹介します。  
関連地域
くろがね線河内貯水池遠賀側水源地ポンプ室 
堀川 
日本の産業近代化に貢献した遺産を巡り、未来の世界を見据えた先人達の取組を紹介します。


       東田第一高炉

 世界遺産・旧本事務所(外国人) 


  3)洞海湾クルーズ

 世界遺産(旧本事務所、旧鍛冶工場、修繕工場)を海から
望み、
工場群と自然の山々が調和した北九州の絶景を観賞しながら、産業発展の道程を紹介します


20名以上の団体のお客様に対して、ご要望の日程や時間に合わせ催行します。
・所要時間 1時間

 ・料金 61,000円 (ガイド付き)


  

       


世界遺産のことは弊社にお任せ下さい!  実体験をもとに伝えるます
新日鐵時代に製鉄所の主要設備である高炉の設計から建設業務に携りました。
1995年からは南アフリカの製鉄プラントの建設にに従事し、八幡製鐵所創業時に技術導入した
ドイツのGHH社とも肩を並べて仕事をしてきました。その当時既に世界一の技術立国をなった
ことを実感しました。言い換えると、急速な産業発展を肌で感じました。
今までの実体験も折り込みながら、製鉄業のみならず、日本の産業が北九州でどのようにして
発展して来たのかを紹介して行きます。


代表取締役 近藤

・全てのプロデュースはお客様の要望に沿って、近藤が自ら行います。
・日本人のお客様のガイドは、近藤と新日鐵OBで行います。
・外国人のお客様のガイドは、近藤が英語で行います。
・また世界遺産の講演も行っています。



<00042342> 
<00005248> 
<00005751>


電話 093-521-8897   FAX 093-521-8898  Email info@japan-kyushu-tourist.com
802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6



 

 - Blog