Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the Japan Travel specialist to Fukuoka and Kyushu

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

Kyushu Travel Guide

世界遺産物語 第2話 / 日露戦争が八幡製鐵所拡張に拍車をかける

世界遺産物語 第2話 / 日露戦争が八幡製鐵所拡張に拍車をかける

八幡製鐵所の建設時の生産能力は9万トン/年であったが、1901年の操業開始からトラブルの
連続で惨憺たる状況だった。そして野呂景義を中心とした原因究明と対策で1904年にやっと
軌道に乗った。
しかし時を同じにして1904年に日露戦争が始まり、兵器や弾薬不足で苦しむ。
 
日露戦争と鉄づくり
1904年に日露戦争が開戦された時の鉄の需要は26万トン/年に対して、大幅に供給量が少なく兵器や
弾薬不足に苦しんだ。そのため、他の目的に鉄を使用せず、武器弾薬の製造に集中した。
そして、1905年に戦争は終結したが、このような惨憺たる苦労が、その後の国防強化に
拍車をかけることになった。
 
日清戦争後の第一次拡張計画 (1906年〜1910年)
戦後、軍事需要とともに、造船、建築、橋梁用鋼材の民間需要も増え、1905年時点で鉄の需要が
45万トン/年に対して36万トン/年も不足し、大部分を輸入に頼らなければなかった。
そのため、1906年に第一次拡張計画を策定し、18万トン/年を目標に設備の拡張が行われた。

  
 高炉の拡張(東田1高炉〜3高炉)       コークス工場増設

1909年に東田第3高炉が火入れし、1910年までに混銑工場、線材工場、第二分塊工場、
第二小形工場、鉱滓煉瓦工場、コークス炉増設、ロール工場拡張など数多くの設備が
増強された。

  
      中央汽缶場              遠賀川水源地ポンプ室

設備増強に伴い、工業用水の使用料も大幅に増えため、遠賀川水源地ポンプ室世界遺産
も建設し、
1910年に稼働を開始した。
 
八幡製鐵所周辺の主な歩み(1899年~1910年)
・1899年 門司市誕生
・1900年 小倉市誕生
1901年 鉄道連絡船 門司~下関開通
1902年 九州電気軌道 門司〜黒崎開通、戸畑~小倉間の鉄道開通(戸畑駅開設)
1903年 横須賀、呉、佐世保の鎮守府を海軍工廠に変更
1904年 鈴木商店 大里製糖所創業
1905年 若松石炭協同組合事務所開設(石炭会館)、日本初の潜水艇が進水(横須賀)
1906年 東京製鋼 小倉工場創業
1907年 戸畑競馬が始まる
1908年 鹿児島本線が戸畑経由に変更、安田工業八幡工場創業、明治紡績&明治鉱業創業
1909年 日本初の戦艦「薩摩」が竣工、明治専門学校(後の九州工業大学)開設
1910年 筑豊石炭協同組合直方事務所開設、森田範次郎商店(後のシャボン玉石けん)創業


ー世界遺産物語の目次ー
第一篇 古来の鉄づくりから官営八幡製鐵所創業までの歩み
・第1話 日本最古の鉄器は糸島で出土
・第2話  種子島に鉄砲伝来
・第3話 江戸幕府の政権安定策と鉄づくり
・第4話 幕末の日本に変化が起きる
・第5話 日本の産業革命の始まり 
・第6話 反射炉で始まった日本の鉄づくり
・第7話 釜石で始まった洋式高炉による鉄づくり

・第8話 釜石から八幡へ
・第9話 官営製鐵所建設の背景 その1 
・第10話 
官営製鐵所建設の背景 その2
・第11話 野呂景義による幻の製鉄所建設計画 
・第12話 
営製鐵所建設地が八幡に決定
・第13話 わずか4年で田畑に製鉄所をつくった偉業
 
第二編 八幡製鐵所創業から終戦までの歩み
・第 1話 八幡製鐵所の苦難の船出
・第 2話 日露戦争が八幡製鐵所拡張に拍車をかける
・第 3話 日露戦争後の反動不況と鉄鋼需要の伸び
・第 4話 第一次世界大戦後に鉄鋼需要が大幅に伸びる
・第 5話 河内貯水池物語
・第 6話 くろがね線物語
・第 7話 高見神社物語
・第 8話 満州事変と洞岡地区の拡張
・第 9話 戦争時代の終焉

 - Blog, ●世界遺産物語