ジャパン九州ツーリスト株式会社  Japan KYUSHU Tourist

*

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour
日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

フットパス(Footpath)ってなんだろう

新たな人との出会い、新たな発見 そして新たな体験ができる まち歩き!

Footpath(フットパス)とは、隣りの村や町、そして教会や学校などに行くために
森林の中、田舎の田園地帯や町なかにつくられた、歩くために道を意味します。
ヨーロッパでは、多くの人達がFootpathをゆっくりと歩きながら楽しんでいます。

ヨーロッパと異なり、日本ではFootpathを歩くことは普及してないのが現状です。
しかしながら、日本には、他の国にない、素晴らしい原風景、歴史や生活のかおりがする
町並み中に沢山のfootpath(歩く道)があります。

今回、小倉南区の朽網地区のFootpath を歩く体験をしました。
(東朽網市民センター&平野市民センター合同のフットパス東朽網編)
日程 11月11日(金) 
  
・行程
 10:00 JR朽網駅出発→歩き(住宅地&田園地帯)→宗林寺→宗林寺でフットパス講座(北九大)と
 地元の人達がつくった「朽網特製弁当」で昼食 → 歩き(田園地帯→昭和池→南町)
 →東朽網市民センターでティタイムとフットパスの振り返り)→JR朽網駅解散

Footpathは観光の原点
こんな、気持ちの良い素晴らしい体験は初めてでした。
快晴の元、参加された、地元朽網の人達と平野の人達、そしてコーディネーターの北九大の人達と
一緒に会話を楽しみながら、今まで通ったことのない道(footpath)を歩きました。

   

途中で出会う地元の人達に「こんにちわ」の挨拶をすると、返ってくる清々しい挨拶、それから
始まる楽しい触れ合い、知らないことを沢山教えてもらえ、新しい発見に感動。
初めて歩く道、季節を感じる田園風景、肌で感じる人々の営み、歴史、文化… 歩かないと
分からない様々な、多くの新しい発見がありました。
宗林寺、東朽網市民センタ- での朽網の人達の温かい心の籠ったおもてなしに感動しました。

ゆっくり歩くと感じる
日本の原風景の中をゆっくり歩きながら、地元の人達の出会いと温かい心に触れる喜び。
今まで知らなかったことを知り又新しい発見が出来る喜び。
新鮮な空気を体一杯に吸いながら汗をかく喜び。
未知の体験をする喜び、様々な感動に出会えるのがFootpathの醍醐味です。

Footpathの写真  
  

  

  

  

  

  

 - Blog, ●団体バス旅行