Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the Japan Travel specialist to Fukuoka and Kyushu

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

Kyushu Travel Guide

北九州の産業観光 / 新日鐵住金 八幡製鉄所

1901年に操業を開始した銑鋼一貫製鉄所で、日本の産業近代化に貢献した企業で、
粗鋼生産高は現在世界第2位。 

最終製品は自動車鋼板、ジュース缶、食缶用ブリキ、建設用スパイラル鋼管
新幹線や列車にレール、変圧器などに使われる電磁鋼板、ステンレス厚板

  
 

粗鋼生産高世界第6位の新日本製鐵と第26位の住友金属工業が平成24年(2012年)
10月に合併し、世界第4位の粗鋼生産高を誇る、新日鐵住金㈱が誕生しました。

その旧新日本製鐡は明治34年(1901年)創業した官営八幡製鐵所が母体となっています。
日清戦争を契機に製鉄所の建設を目指した明治政府は建設候補地を最終的に広島と
八幡をあげ、鉄づくりに必要な石炭の産地・筑豊炭田、豊富は水資源、気象条件や労働力等の理由で八幡が選ばれました。
官営八幡製鐵所の東田第一高炉の火入れは明治34年(1901年)2月5日で、昭和に入ると世界恐慌による鉄鋼不況で製鋼会社の合同が進められ、官営八幡製鐵所は1934年釜石鉱山(株)、三菱製鐵(株)、輪西製鐵(株)、富士製鋼(株)、九州製鋼(株)と合体し日本製鐵(株)八幡製鐵所となりました。

戦後、昭和25年(1950年)過度経済力集中排除法により日本製鐵(株)は4社に分割され、八幡製鐵所は八幡製鐵(株)となりました。

八幡製鐵(株)は鉄鉱石専用船の港と高炉、製鋼工場を一カ所に集めた戸畑製造所を建設しまし、昭和33年(1958年)に戸畑製造所を発足し、昭和34年(1959年)に戸畑第一高炉に火入れしました。
この、原料専用船が着岸する岸壁、高炉、製鋼・分塊・圧延工場そして製品出荷岸壁を一直線上にレイアウトし、工程管理・生産効率の向上を図った仕様は、日本・海外鉄鋼各社の臨海製鐵所建設の
モデルになりました。
 
昭和42年(1967年)には日本初の連続鋳造設備を導入し、八幡製鐵(株)の鉄づくりは高度経済成長期に黄金時代を迎えました。

国際競争力を高めるため八幡製鐵(株)と富士製鐵(株)の大型合併、新日本製鐵(株)が
昭和45年(1970年)に誕生しました。
以後新日本製鐵(株)は、世界市場で評価を受ける高品質の製鉄事業を行う一方、オイルショックや鉄冷えと呼ばれた鉄鋼合理化、円高不況のなかで昭和60年代からエレクトロニクス・情報通信事業やバイオテクノロジー事業などへ参入し複合経営路線へ転換しました。その代表が平成2年(1990年)に八幡の東田地区にオープンしたアミューズメントパーク・スペースワールドです。

北九州の産業観光 / ニッカウヰスキー

ニッカウヰスキー株式会社

鈴木商店が大正3年に設立した大里酒精製造所が始まり。
現在、約20種類の焼酎原酒を製造しています。
「かのか(麦・米・芋)」以外にも、麦焼酎の「玄海」「綺羅麦」「穂の舞」、米焼酎の
「大地の穣」、そば焼酎の「玄庵」、芋麦ブレンド焼酎の「とんぼの昼寝」、
泡盛の「うみそら」
 
  
大正3年(1914年)の創立以来、一貫して焼酎(かのか・大五郎・玄海など)を中心に
製造している、レンガ造りが特徴の工場です。
麦や米、そばを原料として焼酎の醸造、蒸留、精製、貯蔵・熟成、ブレンド、充填と製造
にかかる全ての工程を一貫して行う、日本でも有数の規模の焼酎工場です。

北九州の産業観光 / 関門製糖

関門製糖株式会社
門司の地で砂糖をつくり続けて100年の伝統企業です。

明治37年に設立さて、鈴木商店の飛躍の原動力となりました。

  

ばら印とスズラン印の砂糖を製造する関門製糖(株)の前身は、明治37年(1904年)
鈴木商店が門司に創業した大里精糖所です。
門司が選ばれたのは原料糖(甘しょ)と石炭の調達、船舶と工業用水の確保が便利だったことが
主な理由でした。
 
明治40年(1907年)大里精糖所は売却され、大日本製糖(株)門司工場となりました。
その後、西日本製糖(株)と社名が変わり、さらに平成13年(2001年)には日本甜菜製糖(株)と
大日本明治製糖(株)(大日本製糖(株)と明治製糖(株)の合併会社)の砂糖製造を行う
生産受託会社となり、社名が関門製糖(株)になりました。

関門海峡を望む工場で砂糖を作り続けて108年、いまも現役の赤レンガ倉庫(建築年不詳)が
歴史を伝えています。

北九州の産業観光 / 門司麦酒煉瓦館

門司麦酒煉瓦館
大正2年に竣工し醸造を開始した帝国麦酒㈱工場
旧工場事務所を改装。ビールの歴史と門司麦酒工場・九州工場の沿革のほか
ビールの製造や原材料・缶・ビンのリサイクルについての解説展示を行っています。

   
明治45年(1912年)門司市の合資会社九州興業仲介所代表社員山田弥八郎らが
当時隆盛を誇った神戸市の鈴木商店の援助を受け、大里町に工場用地を取得し
帝国麦酒㈱を設立しました。

     

大正2年に帝国麦酒㈱工場が竣工し醸造を開始しまし、「サクラビール」を発表して
ビール業界への参入を果たした。
以来、「桜麦酒」『大日本麦酒』「日本麦酒」「サッポロビール」と社名変更、合併
分割と会社形態の変遷をたどりながらも北九州門司の産業を支え続けてきました。
平成12年(2000年)大分県日田市に新九州工場が竣工され、九州工場は閉鎖となり
この地における87年間のビール製造の歴史に幕を閉じた。

保存された建物群は平成19年(2007年)に国の登録有形文化財に登録されました。

国際友好記念図書館

北九州市と中国・大連市の友好都市締結15周年を記念して作られたドイツ風の建物です。

現在は図書間として使われています。

アクセス
 JR門司港駅から徒歩5分
営 業
 9:00~18:00
電 話
 093-331-5446
入場料
 無 料

      

門司救護会日用品市場 (中央市場)

戦前は公設市場、戦後はヤミ市、そして今はかしわ・昆布・漬物・補正屋などの
めずらしい老舗専門店が並ぶ、昔懐かしい市場



北九州市内で1919年(大正8年)、門司救護会が老松町に日用品市場の設計を計画したことが端緒である。
現在の老松公園隣接地兵器廠跡を利用して物品、蔬菜、魚肉の三種の販売所を選定し開設した。
戦前期では門司最大の公設市場であった老松町公設市場は、開設直後から3倍に拡張され、
1921年(大正10年)には門司救護会解散とともに門司市に寄贈された。戦後に焼失していたものの
民間の手により復興し、以来門司市民の台所として今日まで親しまれている。市場の中は
昔の下町商店街という雰囲気をそのままに留め、開設から約90年を経て、市場は市民の生活の中に
溶け込んでいるようだ。


●竣工時期
 1919年(大正8

●構造
 木造平屋建

●所在地
 門司区老松町1-18

●建築主/設計者/施工業者

 門司救護会/不詳/不詳


門司港レトロ展望室

日本を代表する建築家 黒川紀章氏が設計した高層マンション「門司港レトロハイマート」の
最上階(31階)にあります。
高さが103mで、門司港レトロ、関門橋そして更には関門海峡の対岸の下関まで素晴らしい景色が
望めます。
この展望台は午後10時まで使えて、午後8時になると門司港レトロ地区がライトアップされ、そこは
ロマンティックなデートスポットとなっています。

アクセス
 JR門司港駅から徒歩10分
営 業
 9:00~22:00
電 話
 093-331-3103
入場料
 大人・高校生:300円、小・中高生:150円

Samurai

Japanese Culture

Samurai were warriors who devoted themselves to feudal lords.
 
They were similar to European knights.
They wore their hair in topknots and carried swords.

Samurai first appeared around the 10th century when regional leaders, 
recruited groups of men to protect their property.


       

Over time academic study and the learning of martial arts become important 
parts of samurai tradition.


In the middle of the Edo (1603 – 1867), the economy worsened, and many 
samurai become poor.

They were forced to seek second jobs such as making umbrellas. 
But they were still very proud of being samurai.

旧門司税関

1909年の門司税関発足を契機に、1912年に建設された煉瓦づくり瓦葺きの2階建構造の
建築物です。
イギリス積という工法で、壁の厚さが50cm近くあるのが特徴です。
昭和初期まで、税関庁舎として使用されていました。


                                                                      

アクセス
 JR門司港駅から徒歩3分
営 業
 9:00~17:00
電 話
 093-321-6111
入場料
 無 料

      

出光美術館

外観は大正時代の古い倉庫を改造したもの。
1911年に門司港で創業した出光興産の創設者出光佐三氏が集めた美術品が展示されています。
日本の書画、中国・日本の陶磁器を中心に、年に5,6回の展示会が開かれています。

アクセス
 JR門司港駅から徒歩10分
営 業
 9:00~22:00
電 話
 093-332-0251
入場料
 大人:600円、高校・大学生:400円、中学生以下は無料