Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

八女 & 星野村の観光情報

福岡県の南西部に位置する地方都市で、上陽町、黒木町や星野村等との合併で人口は約6万5千人。

八女丘陵には岩戸山古墳をはじめ多くの古墳があります。また手すき和紙・仏壇・提灯などの

伝統工芸品や茶・電照菊・椎茸などの農産物も自慢のひとつです。また古くから八女では、

お茶が暮らし、文化、歴史、伝統の中に深く根付いています。そのお茶文化が持つ健やかさ、

日本的な情緒、もてなしの心に触れ、ゆっくりと過ごしませんか。

 


 

八女伝統工芸館

八女地域の伝統工芸品を展示・紹介し、伝統技術の伝承と地場産業の発展を目的に、

1986年(昭和61年)に建設されました。国指定伝統的工芸品の仏壇や提灯・久留米絣、

県指定特産民工芸品の石灯ろう・手すき和紙・矢・竹細工・和こま、他焼き物、木工品など

八女を代表する工芸品を展示しております。また、併設の八女観光物産館ときめきでは八女の

農産加工品や特産品を豊富に取り揃え、ショッピングも楽しめます。


 

八女福島の町並み

国選定重要伝統的建造物群保存地区です。筑後と豊後を結ぶ交通の要地で、江戸時代商業

手工業地として栄えました。町並みは城下町の影響を受け、整然とした町割を持ち、

製ろう・酒造・和紙・製茶など諸産業の会所・問屋が多かったため、大規模な古い瓦葺

妻入の町家などの建築が並んでいます。


 

八女中央大茶園

約70ヘクタールの大茶園は、一般の人が見ることができる共同茶園です。

頂上の展望所から見下ろす緑の茶畑は圧巻。小高い山の丘陵は見渡す限り緑のじゅうたんが敷き

詰められたような美しさ。晴れた日には有明海や島原半島まで望める絶好の撮影スポットです。


 

星野村

星野村は、福岡県の南東部に位置し、東西に細長く、東は標高1,006mのカラ迫岳を背に、

大分県との県境の緑豊かな山村です。急峻な地形のなか、星野川やその支流沿いに石積みの

棚田と茶畑が広がる風景が、星野村独特の農村風景です。

星野村の風土と気候、そして先人たちから引き継がれた栽培製法技術が、甘みと香り豊かな

お茶を育て、高級茶ブランド「星野茶」を守り続けています。


 

岩戸山古墳

八女古墳群を代表する古墳です。6世紀前半に築造された北部九州最大の前方後円墳で、

全長170m以上、墳丘長約135mにおよぶ規模を誇ります。国内の古墳で唯一、周堤の

外縁部に43m四方の巨大な「別区」が付設されており、石人や石馬、石猪や石殿・石蔵など、

多種多様な石製表飾品が立ち並んでいたと伝えられています。


 

ハート岩

八女市矢部村内には八女の田畑を潤す「日向神ダム」の北壁にある「ハート岩」

縁結び・恋愛成就のパワースポットとして注目をあびている「ハート岩」(縦220m 横180m)

があります。展望スポットの蹴洞橋にある幸せの鐘を鳴らして恋愛成就を祈願しましょう。


 

八女の地図

 


 

八女伝統工芸館

八女地域の伝統工芸品を展示・紹介し、伝統技術の伝承と地場産業の発展を目的に、

1986年(昭和61年)に建設されました。
国指定伝統的工芸品の仏壇や提灯・久留米絣、県指定特産民工芸品の石灯ろう・手すき和紙

矢・竹細工・和こま、他焼き物、木工品など八女を代表する工芸品を展示しております。
また、併設の八女観光物産館ときめきでは八女の農産加工品や特産品を豊富に取り揃え、

ショッピングも楽しめます。

 

 日本一大きな石灯篭

 八女伝統工芸館

 石灯籠の展示


 

八女福島仏壇(国指定伝統的工芸品)


 

八女提灯(国指定伝統的工芸品)


 

 ひな人形

 兜

八女矢(県指定特産工芸品) 


 

 八女手すき和紙

 星野焼き

 竹細工


 

 赤坂人形

 木工細工

 石灯篭


 

基本情報 

・住 所 八女市本町2番地の123の2
・アクセス

車:九州自動車道 八女ICより約10分

公共交通  :西鉄久留米駅からバスで30分、福島バス停から徒歩で15分、
JR羽犬塚駅からバスで25分、福島バス停から徒歩で15分

・営業時間 9:00~17:00
・料 金 無料
・定休日

毎週月曜日(ただし、月曜日が国民の祝日に当たる時は開館)

年末年始(12月28日から1月4日まで)


 

八女市の地図

 


 

八女福島の町並み

国選定重要伝統的建造物群保存地区です。

16世紀末、郡領主筑紫広門は八女福島の地に福島城を築城しましたが、一国一城制により

約30年ほどで廃絶されました。筑後と豊後を結ぶ交通の要地で、江戸時代商業・手工業地

として栄えました。町並みは城下町の影響を受け、整然とした町割を持ち、製ろう・酒造

和紙・製茶など諸産業の会所・問屋が多かったため、大規模な古い瓦葺・妻入の町家などの

建築が並んでいます。

 


 


 


 


 

基本情報 

・住 所 八女市本町
・アクセス

車:九州自動車道 八女ICより約10分

公共交通  :西鉄久留米駅からバスで30分、福島バス停から徒歩で10分、
JR羽犬塚駅からバスで25分、福島バス停から徒歩で10分


 

八女市の地図

 


 

八女中央大茶園

約70ヘクタールの大茶園は、一般の人が見ることができる共同茶園。1969年(昭和44年)から

1973年(昭和48年)にかけて「県営パイロット事業」として、103ヘクタールの山林を開発して

作られた茶畑で、雄大な景色が広く知られるようになりました。

 


 

頂上の展望所から見下ろす緑の茶畑は圧巻。小高い山の丘陵は見渡す限り緑のじゅうたんが敷き

詰められたような美しさ。晴れた日には有明海や島原半島まで望める絶好の撮影スポットです。

 


 

基本情報 

・住 所 福岡県八女市本
・アクセス

車:九州自動車道 八女ICより約20分 

公共交通  :西鉄久留米駅からバスで30分、福島バス停からタクシーで15分、
JR羽犬塚駅からバスで25分、福島バス停からタクシーで15分


 

八女市の地図

 


 

岩戸山古墳

八女古墳群を代表する古墳です。6世紀前半に築造された北部九州最大の前方後円墳で、

全長170m以上、墳丘長約135mにおよぶ規模を誇ります。国内の古墳で唯一、周堤の

外縁部に43m四方の巨大な「別区」が付設されており、石人や石馬、石猪や石殿・石蔵など、

多種多様な石製表飾品が立ち並んでいたと伝えられています。

 

また、別区のみならず墳丘上や周堤上からも石製表飾品が出土しており、現在までに確認

されている点数は破片も含め100点以上を数え、同じような石製品が出土した他の古墳と

比較してもその数は圧倒的です。

この古墳は、8世紀初頭頃に編纂された「風土記」の注釈書である「筑後国風土記」の逸文

に記載された内容から、「筑紫君 磐井(つくしのきみ いわい)」が生前に築造した墳墓で

あると考えられており、築造年代と築造者が考古学のみならず文献史上からも追認出来る

極めて稀な古墳として学術的に高く評価されています。
2015年11月には、隣接する場所に「八女市岩戸山歴史文化交流館 いわいの郷」がオープン。

常設展示室では、出土した石人・石馬類の実物を見学することができます。

 


 

基本条件

・住 所 福岡県八女市大字吉田字甚三谷
・アクセス 車:九州自動車道 八女ICから約20分
・料 金 無料
・営業時間  入場自由

 

岩戸山古墳周辺地図

 


 

ハート岩

八女市矢部村内には八女の田畑を潤す「日向神ダム」の北壁にある「ハート岩」

縁結び・恋愛成就のパワースポットとして注目をあびている「ハート岩」(縦220m 横180m)

があります。展望スポットの蹴洞橋にある幸せの鐘を鳴らして恋愛成就を祈願しましょう。

もともと日向神峡にある奇岩群の一つで、この名で呼ばれる前は「天戸岩」などと呼ばれて

いました。それはなぜでしょうか?日向神峡の名前は、その昔、日向の神様がこの地にまで

神馬にのって飛んで来られ、あまりの景色の良さに時を忘れ遊ばれた、との伝承が由来と

なっており、この言い伝えから日向の神が居られる所、つまり「日向神」との名称が

ついたようです。

 


 

基本情報

・住 所 八女市矢部村日向神地区
・アクセス 車:九州自動車道 八女ICから約60分
・料 金 無料
・営業時間  入場自由

 

八女市の地図