Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

北九州の魅力再発見

九州の最北端に位置し、関門海峡を介して本州・山口県を繋がっている交通の要所です。

1963年に門司、小倉、若松、八幡、戸畑の5市が対等合併してできた人口94万人の政令指定都市。

九州で一番観光素材が豊富なまちで、他では楽しめない沢山のものを提供するまちです。

 


 

小倉城

小倉のランドマークである小倉城

あまり大きく見えない天主閣であるが、実は全国で6番目の高さです。

1602年から細川忠興が約7年かけて唐造の天守閣を築城し、細川氏の熊本転封の後、1632年に

譜代大名である小笠原忠真が入城し、以後幕末まで小笠原氏が居城した。

   

 

門司港レトロ

門司港が1889年に大陸貿易の拠点として特別輸出港に指定され、この地に多くの産業が生まれ、

ここから日本の産業近代化が始まりました。

また、ノーベル物理学賞受賞のアインシュタインが1922年に初めて来日して、門司港に滞在し

その時に ❝見るもの全てが芸術作品❞と門司港を絶賛しました。

2017年(平成29年)には、門司港レトロを含む関門海峡が関門”ノスタルジック海峡として

日本遺産に登録されました。


 

東田地区

日本の近代製鉄発祥の地で、日本の産業近代化をリードしてきた場所です。

さまざまな歴史を歩み、日本の産業発展に大きく貢献した場所です。

 

東田第一高炉

ものづくりの息吹を感じる日本の産業近代化の聖地
世界でここだけ 高炉設備一式が完全な形で保存されているところ!
1901年(明治34年)日本の近代製鉄がここで生まれた。多くの人々の手によって日本の産業近代化の

礎がここで築かれた。そして、日本の産業発展の道程、先人たちの功績を後世に伝えるべく
1972年(昭和47年)まで操業を続けた10代目の東田第一高炉が保存されています。

 

 

世界文化遺産・官営八幡製鐵所 旧本事務所

1901年(明治34年)に創業の近代製鉄所、その指令を行うところが本事務所。富国強兵の基

製鉄所が次々と拡張した結果、本事務所は手狭になり、その機能は1922年には新しい2代目の

本事務所(枝光)に移りました。その後、初代の本事務所は製鉄製品の研究所や、様々な目的で

使用されました。そして、現在まで日本の産業近代化の歴史を見続けて来た本事務所です。

戦時中、戦火を逃れるために黒く化粧した赤煉瓦の建物、3回の八幡大空襲、そして3回目の翌日

1945年8月9日にこの場所でコールタールに火を付けて煙幕を上げたため、原爆の地が小倉から長崎

変更になった。

その後の歴史、公害問題、環境技術の開発、環境モデル都市への道のり、様々な歴史を見続けて

来た官営八幡製鐵所 旧本事務所です。

 世界をリードするレール製品

 世界遺産の旧本事務所

  世界遺産眺望スペース


 

河内貯水池

八幡製鐵所の第三次拡張工事での水源地拡張対策の一環とし1919年に竣工し延90万人の人々の
手で1927年に完成したその総指揮者が、土木技師の沼田尚徳、当時は東洋最大級のダムで
「土木は悠久の記念碑」というヨーロッパの土木哲学を具現化すべく英知と情熱を注いだ大事業
近代化産業遺産としての価値だけでなく、北九州国定公園の自然と調和した、心和む場所です
この美しい景観の裏側には 「愛と悲しみ、そして情熱」の河内貯水池物語があります


 

皿倉山 

標高622mの山頂から北九州市を一望できる皿倉山。

夜になると、日本新三大夜景にも指定されている、世界一ダイナミックな夜景が楽しめます。

山頂までは、皿倉山登山鉄道のケーブルカーとスロープカーを使えば、山麓駅から山頂駅まで

10分で行くことが出来ます。

また複数の登山ルートが整備されていますので、トレッキングを楽しむこともできます。


 

平尾台 

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されています。

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。

千仏鍾乳洞、目白洞、牡鹿洞、青龍窟などの鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのある

カルスト地形が広がっています。トレッキング等にも最適の場所です。


 

白野江植物公園

1952年頃、個人の植物公園 「四季の丘」として開園し、市民に40数年間親しまれて

きました。1993年(平成5年)北九州市が買取り、約3年の年月をかけ公園の整備並びに改修工事を

行いました。1996年(平成8年4月)に「北九州市立 白野江植物公園」として 発足し、

現在に至っています。  


 

北九州の地図

 


 

 

 

皿倉山

標高622mの山頂から北九州市を一望できる皿倉山。

夜になると、日本新三大夜景にも指定されている、世界一ダイナミックな夜景が楽しめます。

山頂までは、皿倉山登山鉄道のケーブルカーとスロープカーを使えば、山麓駅から山頂駅まで

10分で行くことが出来ます。

また複数の登山ルートが整備されていますので、トレッキングを楽しむこともできます。

 

  世界一ダイナミックな夜景

 

 


 

頂上からの眺め

  宗像、芦屋、八幡

  八幡、若松

    戸畑、小倉、門司


 

     ケーブルカーからの眺め

    ケーブルカーからの眺め

  山頂からの眺め 小倉方面 


 

     東田地区

       若戸大橋

        関門橋


 

北九州の工業地帯

  八幡地区

   戸畑地区

     小倉地区


 

頂上までのアクセス

 山麓駅

 ケーブルカーで山上駅へ

 所要時間 5分

 スロープカーで展望台駅へ

 所要時間 3分


 

最寄りの駅・JR八幡駅から山麓駅までのアクセス

無料シャトルバスが運行しています。所要時間10分

 JR 八幡駅

 小伊藤山公園

 山麓駅


 

基本情報

 

ケーブルカー山麓駅

・住 所 北九州市八幡東区大字尾倉1481-1

・山麓駅までのアクセス

無料シャトルバスの場合:JR八幡駅から山麓駅間を運行 所要時間10分
車の場合:北九州都市高速 大谷ICより5分

徒歩の場合:JR八幡駅から25分


 

皿倉山ケーブルカー

・山麓駅から山上駅へ ケーブルカーカー利用 所要時間 5分
・山上駅から展望台駅へ スロープカー利用 所要時間 3分
・料 金 ケーブルカー・スロープカー往復通し 大人 1,230円、小ども 620円
・営業時間  皿倉山ケーブルカー
【4月~10月】10:00~22:00(上り最終21:20)
【11月~3月】10:00~20:00(上り最終19:20)
・定休日 毎週火曜日

 

官営八幡製鐵所 旧本事務所

日本の産業近代化の歴史を見て来た旧本事務所。

1897年(明治30年)に八幡の地に近代製鉄所を建設することが決定されてから、わずか4年で

製鉄所を完成させました。

その製鉄所の指令を行うところが本事務所。外側が赤煉瓦のモダンな建物です。

1901年(明治34年)に製鉄所が創業し、富国強兵の基製鉄所が次々と拡張していきました。

そのため、本事務所は手狭になり、その機能は1922年には新しい2代目の本事務所(枝光)に

移りました。その後、初代の本事務所は製鉄製品の研究所や、様々な目的で使用されました。

そして、現在まで日本の産業近代化の歴史を見続けて来た本事務所です。

戦争も経験しました。当時は戦火から逃れるため、綺麗は赤煉瓦の壁が黒く化粧されました。

3度の八幡大空襲を経験しました。そして1945年8月9日には、この場所でコールタールを燃やして

煙幕を上げたため、小倉に原爆が投下されず、長崎に変更になりました。

高度経済成長期の公害も経験しました。 

そして環境技術がこの地で生まれ、現在は環境都市北九州になりました。

まさに、日本の近代製鉄が産声をあげ、それから現在までの歴史を見て来た旧本事務所です。

 

 世界をリードするレール製品

 世界遺産の旧本事務所

  世界遺産眺望スペース


 

 

 旧本事務所入り口

写真展示がある通路を通って

世界遺産眺望スーペースへ

 世界遺産眺望スーペース


 

最寄りの駅 スペースワールド駅からのアクセス : 徒歩で10分

 

 JR スペースワールド駅

 軌条(レール)工場の前を

 通って旧本事務所へ

 旧本事務所入り口

 


 

旧本事務所を含めた東田地区のガイドは、北九州の産業と歴史に精通した元新日鐵の

エンジニアの近藤にお任せ下さい。

 

お問合せ

ジャパン九州ツーリスト株式会社

福岡県知事登録旅行業 第3-688号

電話 093-521-8897   FAX 093-521-8898

Email info@japan-kyushu-tourist.com
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6階       

 


 

基本情報

・住 所 北九州市八幡東区大字尾倉他
・アクセス JRスペースワールド駅より徒歩10分
・料 金 無料
・開場時間 9時30分17時
・定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
・駐車場

無料:普通乗用車10台、大型(中型)バス5台、車椅子利用車2台
※大型(中型)バス駐車場は予約優先です。


 

東田第一高炉

 

ものづくりの息吹を感じる日本の産業近代化の聖地
世界でここだけ 高炉設備一式が完全な形で保存されているところ!

1901年(明治34年)日本の近代製鉄がここで生まれた。
多くの人々の手によって日本の産業近代化の礎がここで築かれた。
そして、日本の産業発展の道程、先人たちの功績を後世に伝えるべく
1972年(昭和47年)まで操業を続けた10代目の東田第一高炉が保存されています。

 

 

 

東田第一高炉史跡広場には、実際使われていた高炉設備一式が、そのまま完全な状態で
保全されているのは、世界で唯一ここだけ。
いまも当時の息づかいを感じさせるところです。

そして、製鐵所建設から現在に至るまでの歴史や先人の功績に触れることはもとより、
製鉄に関する様々がことが学べる、日本の産業近代化の聖地です。

 


 

高炉設備の概要
1962年(昭和37年)に建設された、当時では最新式の高圧高炉。 10年間連続操業。  

今も、ほぼ当時のままの状態で保存されています。

 

①高炉本体 

鉄鉱石から銑鉄をつくる設備

鉄鉱石に含まれる酸素を効率良く除去(還元)し溶解した銑鉄を
つくる装置。鉄鉱石とコークスを高炉の上部(炉頂)から装入し、

熱風炉でつくられた熱風を下部にある羽口から吹き込み、

炉内での溶融・還元反応によって銑鉄を製造する。


 

②出銑口 

高温に解けた銑鉄が出てくるところ

出銑口は、炉頂から装入された鉄鉱石が溶融・還元された銑鉄が
排出されるところ。

銑鉄の温度は1500℃以上で、炭素を多く含んでいて、硬くて脆く、
強く叩けば割れてしまう状態。


 

③鋳 床 

銑鉄とスラグが流れるところ

出銑口から出てきた銑鉄が流れるところで、溶銑樋と溶滓樋がある。

容銑樋は鉄鋼製品つくり銑鉄が流れるところで、トピードカーへ
運ばれる。溶滓樋は溶銑の上部に浮いた副産物である溶滓(スラグ)が

流れるところで、煉瓦やバラスの原料となる。


 

④熱風環状管 

高温の熱風を高炉に送る配管

熱風炉でつくられた約1200℃の熱風を、送風支管を介して、
高炉に熱風を送り込む配管。

熱風環状管の内部には煉瓦が積まれていて、配管を保護している。


 

⑤熱風炉 

熱風をつくる炉

高炉に送り込む熱風をつくる炉で、ここでは3基で構成され、順番に
熱風がつくられる。先ずコークス炉ガスで燃焼させたガスで、
炉内積まれたチェッカー煉瓦を加熱する。 その後冷風をチェッカ煉瓦の

中を通して、熱風を製造し、環状管を通って高炉に送られる。


 

⑥除塵器 

ガスからダストを除去する装置

高炉内で溶融・還元反応が行われると、ダストを含む多量のガスが
発生する。

除塵器はそのダストを除去する装置である。

ダストが除去されたガス(高炉ガス)は燃料として再利用される。


 

⑦トピードカー 

銑鉄を運搬する容器

高炉で出来た銑鉄を製鋼工場に運搬する容器で、魚雷(torpedo)の
形をしているのでトピードカーと呼ばれる。
内部には分厚い煉瓦が積まれて鉄皮を保護している。

この設備は250トンの銑鉄を運搬できる。


 

⑧転 炉 

銑鉄から鋼をつくる装置

銑鉄はトピードカーで製鋼工場の転炉に運ばれる。

転炉では、銑鉄に酸素を吹き込み、酸化反応によって炭素量を減らし、

又成分調整を行い、「鋼」(鉄鋼製品の素材)を製造する。


 

最寄りの駅・スペースワールド駅からのアクセス(徒歩で約5分)

 

 JR スペースワールド駅

 高炉を目指して一直線に

東田第一高炉入り口・北九州

イノベーションギャラリー側


 

東田第一高炉は学びの宝庫
高炉設備が保存されているだけでなく、当時使われていた装置類や部品の展示

製鉄の歴史や人々の暮らしの歴史、公害克服の歴史に関する写真や展示物
更には、鉄作りを学ぶための写真や展示物が沢山あります。

 

学びのツアー企画と案内
そんな東田第一高炉は、小学生から中学・高校生、そして工業を専門に学ぶ大学生や

あらゆる年代の人達に学びの材料を提供しているところです。
ジャパン九州ツーリスト株式会社では、長年世界各国の高炉建設に携わった
元新日鐵のエンジニアで高炉の業務に従事した近藤が、皆様のご要望に応じたテーマで

学びのツアーを企画し、案内しています。

【テーマの一例】
・鉄の作り方
・先人達の取組
・日本の産業発展の歴史
・公害克服の歴史
・当時の製鉄設備技術
・製鉄文化
・日本のものづくり

先ずは、電話、Eメール又はFAXで、下記へ気軽にお問合せください。

 


 

お問合せ    

ジャパン九州ツーリスト株式会社

福岡県知事登録旅行業 第3-688号

電話 093-521-8897   FAX 093-521-8898

Email info@japan-kyushu-tourist.com
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6階     

 


 

基本情報

・住 所 八幡東区東田二丁目3番12号
・アクセス 

JR スペースワールド駅より徒歩5分

北九州都市高速 枝光ICより車で3分

・入場料 無料
・開園時間 9:0017:00

 

広谷湿原

平尾台の青龍窟の西側にある、福岡県唯一の湿原です。鬼の唐手岩という水に溶けにくい

花崗岩質の硬い岩がダムのように地下水をせき止めているため、湿原ができました。

カルスト台地にある湿原は世界でも珍しく、絶滅危惧種であるトキソウやノハナショウブなど

の貴重な植物が自生しています。

 

 

 

平尾台に地図


 

基本情報

・住 所 福岡県京都郡苅田町谷
・アクセス

JR石原町駅よりタクシーで茶ヶ床園地へ 約20分、

 徒歩で広谷湿原へ徒歩10分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICから茶ヶ床園地へ 約25分、

   徒歩で広谷湿原へ徒歩10分


 

牡鹿鍾乳洞

この鍾乳洞は、世界的に見ても希少な垂直洞となっており、最初の洞底までの深さは

30メートルにも及びます。牡鹿鍾乳洞の入口は、大きな縦穴になっています。

そこに掛けられた鉄階段を下りて行くと、徐々に岩肌が迫って来て、穴の中に吸い込まれて

いく様な感覚を味わえます。
この幾重にも重なる鉄階段は、実に100段を超え、この縦穴の深さが伺える事でしょう

 


 

平尾台の地図


 

基本情報

・住 所 北九州市小倉南区平尾台2丁目6-58
・アクセス JR石原町駅よりタクシーで約20分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICから約25分
・料 金 中学生以上500円、小学生300円
・営業時間 平日 10:00~17:00
日土祝日 10:00~18:00 夏休みも18時まで
・定休日 不定休

 

目白鍾乳洞

平尾台の3つある鍾乳洞の中で今のところ一番長い洞窟で、横穴式の鍾乳洞です。

目白鍾乳洞は駐車場から車を降りてすぐご入洞いただけます。 

現在見つかっている道を合わせると約2km以上あります。その一部の200mが公開されており、

世界でもめずらしい水平天井が見られます。この一枚岩の全長は約20mあり自然の力を

感じることができます。

 

     

 

平尾台の地図

 


 

基本情報

・住 所 北九州市小倉南区平尾台3丁目1-1
・アクセス JR石原町駅よりタクシーで約20分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICから約25分
・料 金 大人 500円 中学生以下250円
・営業時間 10:00~17:00
・定休日 不定休

 

平尾台

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されています。

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。

千仏鍾乳洞、目白鍾乳洞、牡鹿鍾乳洞などの鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのある

カルスト地形が広がっています。

 

     

 


 

平尾台自然の郷

平尾台が一望できる景観を活かした自然体験施設です。展望台やドリーネデッキ、野草園など

自然観察を楽しめる施設や、すべり台やトンネルなどの遊具を備えた遊具広場「ゆ~遊広場」、

野球場ほどの広さの芝生広場「のびのび広場」など大自然の中のんびりと過ごせる広場などが

広大な敷地に広がっています。

 

 

千仏鍾乳洞

国の天然記念物に指定された鍾乳洞です。この大鍾乳洞は、幾千万年の永きに渡り、カルスト

台地の雨水によってつくられたものです。洞内は四季を通じて気温16℃、水温14 ℃で、

夏は極めて涼しく、冬は暖かです。照明設備は入口より900mまであり、老人や子供も容易に

深勝することができます。本洞は、480mから先は地下の小川の中をジャブジャブ歩いて

探検気分が味わる体験型鍾乳洞です。

 

 

目白鍾乳洞

平尾台の3つある鍾乳洞の中で今のところ一番長い洞窟で、横穴式の鍾乳洞です。

現在見つかっている道を合わせると約2km以上あります。その一部の200mが公開されており、

世界でもめずらしい水平天井が見られます。この一枚岩の全長は約20mあり自然の力を

感じることができます。

     

 

牡鹿鍾乳洞

この鍾乳洞は、世界的に見ても希少な垂直洞となっており、最初の洞底までの深さは

30メートルにも及びます。牡鹿鍾乳洞の入口は、大きな縦穴になっています。

そこに掛けられた鉄階段を下りて行くと、徐々に岩肌が迫って来て、穴の中に吸い込まれて

いく様な感覚を味わえます。


 

広谷湿原

平尾台の青龍窟の西側にある、福岡県唯一の湿原です。鬼の唐手岩という水に溶けにくい

花崗岩質の硬い岩がダムのように地下水をせき止めているため、湿原ができました。

カルスト台地にある湿原は世界でも珍しく、絶滅危惧種であるトキソウやノハナショウブなど

の貴重な植物が自生しています。

 

 

平尾台トレッキング


 


 

最寄りの駅

JR日田彦山線 石原町駅 平尾台まで車で約15分

 

 

平尾台の地図

 


 

基本情報

・住 所 北九州市小倉南区平尾台
・アクセス

JR石原町駅よりタクシーで約15分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICより約20分

     北九州都市高速 横代ICより約25分


 

千仏鍾乳洞

国の天然記念物に指定された鍾乳洞です。この大鍾乳洞は、幾千万年の永きに渡り、カルスト台地

の雨水によってつくられたものです。洞内は四季を通じて気温16℃、水温14 ℃で、夏は極めて

涼しく、冬は暖かです。

照明設備は入口より900mまであり、老人や子供も容易に深勝することができます。
本洞は、480mから先は地下の小川の中をジャブジャブ歩いて探検気分が味わる体験型

鍾乳洞です。本洞入口において、大小30余個の鍾乳石の垂下している大偉観は、

日本ケイビンング協会より、日本一だと激賞されました。
洞内は鍾乳石、石筍、石柱の発達が著しく、様々な名所があり、この神秘さは、

本洞を訪れるすべての探勝者の心を奪うに違いありません。

 

 


 

平尾台の地図


 

基本情報

・住 所  北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号
・アクセス JR石原町駅よりタクシーで約20分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICから約25分
・料 金 大人 900円 中学生 600円 小学生500円 幼児(4歳以上)200円
・営業時間 平日 9:00~17:00 土日祝日 9:00~18:00
・定休日 なし

 

平尾台自然の郷

平尾台が一望できる景観を活かした自然体験施設です。

展望台やドリーネデッキ、野草園など自然観察を楽しめる施設や、すべり台やトンネルなどの遊具を

備えた遊具広場「ゆ~遊広場」、野球場ほどの広さの芝生広場「のびのび広場」など大自然の中

のんびりと過ごせる広場などが広大な敷地に広がっています。

近郊で採れた新鮮な食材を使った料理を提供するレストランや地元の物産品・工芸品を販売する

「ショップ」もあり、食事や買い物も楽しめます。

 

 

 

平尾台の地図


 

基本条件

・住 所 北九州市小倉南区平尾台1-1-1
・アクセス JR石原町駅よりタクシーで約15分
車の場合:九州自動車道 小倉南ICから約20分
・料 金 入園料:無料 駐車料金:普通自動車300円、大型自動車1,000円
・営業時間 9:00~17:00 (12月~2月は10:00~16:00)
・定休日 毎週火曜日(祝日・振替休日の場合その翌日) 年末年始(12/29~1/3)
※臨時休園・臨時開園あり