Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

別府の観光情報

大分県の東部のほぼ中央に位置し、西側には2つの火山・由布岳と鶴見岳を中心にした連山と、

東には瀬戸内海(別府湾)に面しています。2つの火山の東側に多数の温泉が湧き出ていて、

源泉数、湧出量ともに日本一です。また、奇観を呈する自然湧出の源泉を観光名所化した

別府地獄めぐりなど観光スポットも充実しております。

 


 

鉄輪温泉

大分県別府市にあり、別府の中で最も温泉源がある温泉地です。

湯治場としての面影を強く残し、レトロな街並みを楽しめます。また別府地獄めぐりが有名で

海地獄や鬼石坊主地獄などをはじめとする地獄が、噴気、熱泥、熱湯を噴出する姿はまさに

「地獄」です。高温の蒸気は「湯けむり」となり空中に高く排出され、温泉場らしい雰囲気を

醸成しています。2012年にはこの湯けむりが上がる別府の町並の景観が「別府の湯けむり・

温泉地景観」として重要文化的景観に選定されました。

 


 

別府地獄巡り  

1,000年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことから「地獄」と称される

不思議な景観です。

別府にはさまざまな地獄があり、特に「海地獄」「鬼石坊主地獄」「かまど地獄」「鬼山地獄」

「白池地獄」「血の池地獄」「龍巻地獄」の7つを巡る観光コースがお勧めです。

 


 

明礬温泉

湯けむり漂う、かやぶき小屋が並ぶ温泉街。明礬温泉は別府八湯の中でも最も高いところにる、

落ち着きのある温泉地です。江戸時代に明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街です。

大昔の住居のようなかやぶき小屋が並んでいるのが湯の花小屋で、明礬温泉の風物詩です。

 


 

鶴見岳

標高1375mの鶴見岳へは別府ロープウェイで登ることができます。所用時間は、山上駅まで

約10分です。春、山上では、約5,000本のミヤマキリシマなど珍しい植物が咲き誇ります。

夏は、平地より10度ほど涼しく、ナイター営業の夜は別府湾方面の広大な「夜景」を楽しむ

ことができます。秋はカエデ・ヤマザクラなどの樹々の紅葉が山を彩ります。冬の鶴見岳は

九州では数少ない霧氷の銀世界が楽しめます。

 

 

 

鉄輪温泉

大分県別府市にあり、別府の中で最も温泉源がある温泉地です。

湯治場としての面影を強く残し、レトロな街並みを楽しめます。また別府地獄めぐりが有名で

海地獄や鬼石坊主地獄などをはじめとする地獄が、噴気、熱泥、熱湯を噴出する姿はまさに

「地獄」です。高温の蒸気は「湯けむり」となり空中に高く排出され、温泉場らしい雰囲気を

醸成しています。2012年にはこの湯けむりが上がる別府の町並の景観が「別府の湯けむり・

温泉地景観」として重要文化的景観に選定されました。

 

 温泉地の景観

 別府地獄巡り

  地獄蒸し工房


 

 足 湯

 ヤングセンター

 公衆浴場


 

基本情報

・住 所 大分県別府市鉄輪
・アクセス

車: 東九州自動車道 別府ICから約10分

公共交通機関:JR大分駅からバスで約20分


 

鉄輪温泉周辺地図

 


 

別府地獄巡り

1,000年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことから「地獄」と称される

不思議な景観です。

別府にはさまざまな地獄があり、特に「海地獄」「鬼石坊主地獄」「かまど地獄」「鬼山地獄」

「白池地獄」「血の池地獄」「龍巻地獄」の7つを巡る観光コースがお勧めです。

 

おすすめルートと移動のコツ、7つの地獄の見どころや楽しみ方までをご紹介します!

別府の地獄めぐりは、次の2つのエリアに分けられます。

海地獄エリア:海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄の5つ
血の池地獄エリア:血の池地獄、龍巻地獄の2つ

それぞれエリア内の地獄は徒歩圏内ですが、2エリア間は約3㎞の距離。エリア内を徒歩で、

エリア間をバスか車で移動する形でルートを作るのがおすすめです。

 


 

海地獄

別府の地獄のなかでも最大の海地獄は、コバルトブルーの色をしていて、地獄

というのがふさわしくないほどの美しさです。池の青色は、温泉中の成分である

硫酸鉄が溶解しているためです。園内では、温泉熱を利用してアマゾン地方原産の

オオニバスや熱帯性睡蓮を栽培しており、オオオニバスや熱帯性スイレンの

開花期は、5月上旬~11月下旬で、朝方が見ごろです。


 

鬼石坊主地獄

明治以降「坊主地獄」として観光施設の名所になっていましたが、一度閉鎖され

新たに「鬼石坊主地獄」としてOPENしました。灰色の熱泥が沸騰する様子が

坊主頭に似ている事から「鬼石坊主地獄」と呼ばれる様になったそうです。場所は、

海地獄の隣です。施設内には、「足湯」もあります。


 

かまど地獄

別府地獄めぐりのひとつかまど地獄は、泉温98度の温泉が噴気とともに湧出。

古来より氏神の竈門八幡宮の大祭に、 地獄の噴気で御供飯を炊いていたことが

その名の由来。かまど地獄は1丁目~6丁目までさまざまな湯の池がある。


 

鬼山地獄

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれている。大正12年に日本で初めて

温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した。 現在、クロコダイル、アリゲーターなど、

約80頭のワニを飼育している。

  

 

白池地獄

落ち着いた雰囲気の和風庭園にある池は、青みを帯びた白色をしている。

これは、噴出時は透明な湯が、池に落ちた際、温度と圧力の低下により

青白く変化するためである。さらに白池には、熱帯魚館、県指定重要文化財の

向原石幢、国東塔、郷土美術が展示されている「二豊南画堂」等がある。


 

血の池地獄

血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄で、一言で言うなら「赤い熱泥の池」

です。 地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、

酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が

赤く染まります。

 

 

竜巻地獄

別府市の天然記念物にも指定される間欠泉が龍巻地獄。豪快に噴き出した熱水は、

屋根で止められているが約30mほど噴き出す力がある。


 

基本情報

・住 所 別府地獄組合 大分県別府市鉄輪559-1
・アクセス 車:東九州自動車道 別府ICから約5分

 

別府地獄巡り周辺地図

 


 

明礬温泉

別府八湯の中でも最も高いところにる、落ち着きのある温泉地です。

江戸時代に明礬(湯の花)が採取されてきた山の温泉街です。大昔の住居のような

かやぶき小屋が並んでいるのが湯の花小屋で、明礬温泉の風物詩です。別府石の石垣が

築かれ、湯の花小屋が建ち並び、湯けむりの立ち込める明礬温泉の景観は、鉄輪温泉

とともに別府の湯けむり・温泉地景観として国の重要文化的景観に、また別府明礬温泉の

湯の花製造技術は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 


 

基本情報

・住 所 大分県別府市明礬1215
・アクセス

車: 東九州自動車道 別府ICから約5分

公共交通機関:JR大分駅からバスで約25分


 

明礬温泉周辺地図

 


 

鶴見岳

標高1375mの鶴見岳へは別府ロープウェイで登ることができます。所用時間は、山上駅まで

約10分です。鶴見岳山上各所からは素晴らしい景色を望むことができ、鶴が羽を広げたように

見える陸地の形は、鶴見岳の名前の由来といわれております。

春、山上では、約5,000本のミヤマキリシマなど珍しい植物が咲き誇ります。夏は、平地より10度

ほど涼しく、ナイター営業の夜は別府湾方面の広大な「夜景」を楽しむことができます。

秋はカエデ・ヤマザクラなどの樹々の紅葉が山を彩ります。冬の鶴見岳は九州では数少ない霧氷の

銀世界が楽しめます。

 

 

頂上からの眺め


 

基本情報 鶴見岳ロープウェイ

・住 所 大分県別府市大字南立石字寒原10-7
・アクセス

車:JR別府駅から約20分、

公共交通機関:別府駅西口からバスで「別府ロープウェイ」下車 22分

・料 金 ロープウェイ 往復
大人 1,600円、小ども(4歳以上)800円

 

鶴見岳周辺地図