Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

門司港レトロ

門司港が1889年に大陸貿易の拠点として特別輸出港に指定され、この地に多くの産業が生まれ、

ここから日本の産業近代化が始まりました。

また、ノーベル物理学賞受賞のアインシュタインが1922年に初めて来日して、門司港に滞在し

その時に ❝見るもの全てが芸術作品❞と門司港を絶賛しました。

2017年(平成29年)には、門司港レトロを含む関門海峡が、”関門”ノスタルジック海峡として

日本遺産に登録されました。 

現在、魅力的な観光地として多くの人に楽しんでもらっています。

 


 

門司港駅

1988年(昭和63年)には鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定され、現在では東京駅と

2つが国の重要文化財です。

1914年(大正3年)に門司駅(当時)として開業、1942年(昭和17年)に門司港駅と改称されました。

建物は、フレンチ・ルネッサンス調との木造二階建て建築で、ドイツ人技師

ヘルマン・ルムシュッテルの監修によるものです。

 

 

旧門司三井倶楽部

1921年に三井物産の社交倶楽部として作られた建物です。

ハーフティンバー様式と呼ばれるヨーロッパ伝統の木造建築工法で作られ、門司港駅と同様に国の

重要文化財に指定されています。

1922年にアインシュタイン博士が全国を講演する為に来日した際に、三井倶楽部に宿泊しました。

博士が宿泊した部屋は当時の様子を再現しています。

  

 

海峡プラザ

「忘れかけていた心のやすらぎを呼び起こす、ロマンあふれるマーケット」をコンセプトに、

1999年に誕生した複合商業施設「海峡プラザ」です。1階には、ここでしか手に入らない

お土産物、地元の海産物、雑貨、お菓子類などバラエティに富んだ商品が満載のマーケット、

2階には関門ならではの新鮮なシーフード料理が楽しめる眺望抜群のレストラン、

オルゴールショップ、赤煉瓦ガラス館などがあり、見て回るだけでも時間が経つのを

忘れてしまいそです。


 

九州鉄道記念館

赤煉瓦づくりの旧九州鉄道本社を活用し、2003年にオープンした鉄道の博物館です。

昔懐かしい実物車両や歴代の駅員の制服、鉄道用具など、鉄道ファンならずとも楽しめる

展示物がたくさんあります。


 

門司港レトロ展望室

日本を代表する建築家・黒川紀章が手がけた高層マンション「門司港レトロハイマート」の

最上階にある展望室です。

ガラス張りの開放感のある造りで、高さ103メートルから門司港レトロ一帯や関門海峡などを

270度の大パノラマが楽しめます。


 

めかり第二展望台

北九州の絶景スポットの一つで、瀬戸内海国立公園の西側の起点です。

本州と九州に連なる山々、その間を湾曲し川のように流れる関門海峡、行き交う船の数々。

関門海峡を一望できる展望台からは、門司港市街から下関市街までの大パノラマが広がります。

日中はもちろん、ライトアップした関門橋や市街地の灯りが彩る夜景も格別です。

また道沿いには、有田焼のレリーフで源平壇之浦合戦の模様を描いた壁画があります。

 

      関門橋

     門司港レトロ

 

有田焼で描いた源平壇之浦合戦    


 

関門人道トンネル

世界でここだけ! 海峡を歩いて渡れます!

1958年(昭和33年)に開通した海峡を歩いて横断できる世界でも珍しい海底トンネルです。

距離は780m、徒歩約15分で本州 山口県下関市に行くことができます。

自転車や原付を押しての通行も可能です。


 

“関門”ノスタルジック海峡

関門海峡のストーリー性を持った歴史的価値が評価され、2017年(平成29年)に

“関門”ノスタルジック海峡が日本遺産に登録されました。

関門地域を空から見下ろすと、本州と九州とが互いに手を伸ばし、今にも陸続きになりそうな

地形が目に入ります。海峡を挟んだ両岸からは、山々が海にせり出すように対峙し、そこからは

大型のタンカーや旅客船が途切れることなく往来する海峡 景観とレトロな近代建築が建ち並ぶ

街並みを望むことができます。


 

門司港の地図

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

 - 北九州市の観光情報