Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

有田 & 伊万里の観光情報

有田は、佐賀県の西部に位置し、西松浦郡に属する町です。日本の伝統工芸品の1つ、

有田焼の産地として知られています。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、肥前の領主であった鍋島直茂

に同行してきた陶工たちの一人の李参平が、1616年に有田東部の泉山で白磁鉱を発見し、

天狗谷窯を開き日本初の白磁を焼いたとされ、有田焼の祖となった。

 

伊万里は、佐賀県の西部にある市で、かつて伊万里港から積み出しを行っていた磁器・伊万里焼で

有名です。伊万里焼きは、鍋島焼きとも言われ、大川内山で製造された高級磁器の総称です。

 


 

秘窯の里 大川内山

伊万里市の大川内山は煉瓦造りの煙突や窯元が立ち並び、300年余りの歴史と伝統を感じさせる

焼物の町です。かつて鍋島藩の徹底した管理のもと「色鍋島」「鍋島染付」「鍋島青磁」などの傑作を

生み出した藩窯があった山です。

三方を山に囲まれ、山水画を思わせる独特の風景はまさに「秘窯の里」です。


 

陶山神社

他の神社では見ることができない、すべて磁器製の大鳥居や狛犬、大水瓶、玉垣など、

やきものの町ならではの風情に触れることができます。応仁天皇を主神とし、敷地の中には、

陶祖 李参平碑もあるやきものの神様です。建立は1658年頃といわれています。

陶山神社では、有田ならではのやきもののお守りがあります。

 

 

有田ポーセリンパーク   

ドイツ・ドレスデンのツヴィンガー宮殿を再現した有田焼のギャラリーです。
宮殿内部には幕末から明治期にかけての第二次輸出期の作品を展示されています。

400年におよぶ有田焼の歴史の中でも重要な作品の数々、その存在感を充分に体感できます。

また、1870年代のウィーン万博に実際に展示された大花瓶(182㎝)は必見です。      


 

泉山磁石場

有田焼の原料となる陶石の採掘場です。江戸時代初期の1616年(元和2年)、朝鮮人陶工・李参平

により発見され、日本で初めて磁器が誕生しました。400年もの時をかけて、ひと山のほとんどを

掘り尽くしたとされる山は扇形に削り取られ、鋭利な岩肌が剥き出しとなっています。日本の

磁器生産に関わる遺跡として国の史跡に指定されました。現在は休鉱中で採掘されておらず、

磁石場が見学できる公園となっています。


 

有田 & 伊万里の地図

 


 

 - 有田 & 伊万里の観光情報