Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

門司麦酒煉瓦館

門司麦酒煉瓦館

九州初の麦酒工場
明治45年(1912年)門司市の合資会社九州興業仲介所代表社員山田弥八郎らが、
当時隆盛を誇った神戸市の鈴木商店の援助を受け、大里町に工場用地を取得し、
帝国麦酒㈱を設立しました。
大正2年に帝国麦酒㈱工場が竣工し醸造を開始しまし、「サクラビール」を発表して、
ビール業界への参入を果たした。
     
以来、「桜麦酒」『大日本麦酒』「日本麦酒」「サッポロビール」と社名変更、合併、分割と
会社形態の変遷をたどりながらも北九州門司の産業を支え続けてきました。
平成12年(2000年)大分県日田市に新九州工場が竣工され、九州工場は閉鎖となり、
この地における87年間のビール製造の歴史に幕を閉じた。

その後、土地区画整理事業として基盤整備を行い、建物の保存し活用されています。
保存された建物群は平成19年(2007年)に国の登録有形文化財に登録されました。
また、平成21年(2009年)に、近代化産業遺産続33(33九州窯業 – 北九州市の
鉱滓煉瓦製造関連遺産)に、門司麦酒煉瓦館・旧サッポロビール醸造棟・赤煉瓦交流館が
認定されました。

門司麦酒煉瓦館
旧工場事務所を改装。ビールの歴史と門司麦酒工場・九州工場の沿革のほか、
ビールの製造や原材料・缶・ビンのリサイクルについての解説展示を行っています。

赤煉瓦交流館
旧倉庫棟を改装。赤煉瓦ホール及び会議室A・B・Cの4室とレストラン「ARK」が設けられています。

赤煉瓦写真館
旧組合棟を改装。この建物のみ大正6年(1917年)の建築です。旧サッポロビール醸造棟。


関連リンク】
近代化産業遺産 in 北九州
近代化産業遺産 製鉄編

北九州の産業観光ツアー

 

 - Blog