Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

鈴木商店

門司の産業発展の礎を築いた鈴木商店 

門司港は明治22年(1889年)に国の特別貿易港に指定されると、明治後半から
大正時代にかけ、人や貨物を載せ日本と海外を行き来する船が寄港する
国際貿易港として繁栄していきます。
事業や販路拡大を願う実業家や貿易商がこぞってこの地を目指し、
三井や三菱などの財閥もこの地に進出を図ります。

門司港が繁栄していく中、わずか数キロ先の門司・大里地区に神戸の貿易商
「鈴木商店」が目を付けて進出してきました。
 
 
  1914年(大正4年)ごろの大里     金子直吉

鈴木商店の歴史
神戸の砂糖商「辰巳屋」に砂糖の鑑別と商才を見込まれた初代創業者鈴木岩次郎が
辰巳屋ののれん分けという形で明治7年(1874年)に開業しました。

それから数年を経て岩治郎が亡くなった後は、2代目店主となった妻鈴木よねとともに、
丁稚奉公から身を起こした金子直吉が鈴木商店の大番頭として驚異的な経営と
拡大を遂げていきました。

樟脳、砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立するとともに、製糖・製粉・製鋼
タバコ・ビールなどの事業を展開、さらに保険・海運・造船などの分野にも進出し、
ロンドン・バルティック取引所で日本企業として2番目のメンバーとなりました。

鈴木商店の子会社の1つ、日本商業会社は岩井産業と合併し日商岩井へ、
更にニチメンと合併し現在の双日のルーツの一つでもあります。

良質な水と海上輸送に適した大里では、1904年(明治37年)の大里製糖所
(現関門製糖)の開業を皮切りに、神戸製鋼門司工場や帝国麦酒(現門司麦酒煉瓦館
など、鈴木商店の発展とともに次々と工場が建設されました。
 
   大里製糖所(現関門製糖)     帝国麦酒(現門司麦酒煉瓦館

1914年(大正3年)焼酎工場を建設し、大里酒精製造所(現ニッカウヰスキー
から始まります。
操業当時は、主に朝鮮や中国向けに輸出する焼酎を製造していました。
焼酎を醸造するための発酵原料として必要な糖蜜、フスマ、ビール酵母などは、
全て隣接地にある鈴木商店経営の大日本製糖、大里製粉、帝国麦酒から容易に
調達することができました。
 
           大里酒精製造所(現ニッカウヰスキー)

世界恐慌などの影響を受け、1927年に倒産しましたが、これらの工場や事業は
日本を代表する企業に引き継がれました。
以来大里地区は日本の産業において重要な地として発展してきました。

 

鈴木商店の傘下で発展した企業

日商岩井(現在の双日)、三菱レイヨン、石川島播磨重工業、昭和シェル石油

日本化学、日産化学工業等


 

 

 - Blog