Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the Japan Travel specialist to Fukuoka and Kyushu

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

TEL 093-521-8897
FAX 093-521-8898
E-mail

Kyushu Travel Guide

北九州が舞台となった、日本の産業近代化の歩み

北九州がつくった日本の産業近代化の礎
     北九州を舞台とした 日本の産業発展の道のり!
 
北九州の官営八幡製鉄所の施設が世界遺産となった。
登録の目的は、『日本の急速な産業発展』についての歴史と人々の営みを
世界中の人達に伝えること。
     
 
北九州の歴史を辿れば、日本の産業発展の道のりが見えてくる。
     
この資料は、産業近代化の視点から、ジャパン九州ツーリスト株式会社が独自で歴史を
調査・研究して、「日本の急速な産業発展」
として編集したものです

 

製鉄・鉄鋼産業に焦点を当て、どのようにして世界一の工業立国となったか
堀川の建設から、筑豊炭鉱との関わりも含め、現在の環境未来都市・北九州までの歴史を紹介します。
堀川建設 1621年(慶長5年)~1801年(寛政13年)
遠賀川周辺の洪水対策として人口の河川・堀川が1621年から180年の歳月をかけて1801年に完成。
明治に入って石炭輸送用として利用。
  
      堀川の様子               寿命の唐戸              JR折尾駅付近

 

筑豊炭鉱 1700年代(江戸中期)~1976年(昭和51年) 
室町時代に香月で発見、江戸中期から塩田用燃料として炭鉱開発が始まり、1872年(明治5年)鉱山解放令
から筑豊御三家(麻生太吉、貝島大助、安川敬一郎)を中心に急速に鉱山開発が進み、戦前は日本最大の産炭地。1976年(昭和51年)貝島炭鉱閉山を最後に筑豊炭鉱の幕を閉じる。
      
    筑豊石炭組合                山本作兵衛の世界記憶遺産    貝島炭鉱 ドイツ製機関車

 

門司港 特別輸出港に指定 1898年(明治31年)   産業近代化の起点
石炭・米・麦・硫黄・麦粉の5特定品目の特別輸出港に指定され築港工事が開始された。
金融機関や商社・海運会社の支店が相次いで進出し、外国航路の港としての歴史が始まる。
             
    開港当初の門司港             石炭積出し          現在の門司港

 

九州鉄道開通 1889年(明治22年)
1889年 九州鉄道の起点門司駅が開設(現在の門司港駅の東側)
1897年 筑豊鉄道を吸収合併し、筑豊炭坑からの石炭輸送を可能とし、門司港が石炭の
積出港として繁栄。
           

  九州鉄道の起点             九州鉄道旧本社              現在の門司港駅

 

若松港築港 1890年(明治23年)~1898年(明治31年)

普通の漁村にすぎなかったところを、石炭の積出港として築港、最盛期には日本一の
貨物取扱量を誇った。
      
    若松港                                           石炭会館                ごんぞう小屋                   

 

筑豊興業鉄道開業  1891年(明治24年)
石炭専用の運搬鉄道 直方〜若松間が開業
     
     開業当初の若松駅         1970年代の直方駅           現在の若松駅

 

製鐵所建設計画 1891年(明治24年)に開始
中国で製鉄所建設され、日本の製鉄所建設に拍車がかかる。
野呂景義により年間6万トンの製鉄所を計画。
              
            橋野高炉跡                              筑豊炭鉱                野呂景義

 

日清戦争後の製鉄所建設構想 1896年(明治29年)
 1896年に和田維四郎により、大幅に製鉄所建設計画が変更し、年間9万トンとした。 
            
             春帆楼                     日清講和条約               和田維四郎

 

建設場所の決定 1897年(明治30年)
全国で17ヶ所選ばれ、門司の大里が第一候補地となる。
大里は、筑豊炭鉱に近く、広大な湿地帯、海陸の交通、労働力の面で有利
八幡は水深が浅いことが難点、それ以外は石炭入手の面等でベスト、安川敬一郎が政治化を動かす。
      
           門司・ 大里                    八 幡                  安川敬一郎

 

八幡で建設用地を確保 1897年(明治30年)
当時は自然豊かな寒村、芳賀種義八幡村長が、『八幡村に製鉄所を、日本の鉄づくりは八幡から』
熱心に村民を説得し広大な土地を売り出した。 → 1897年八幡村に決定
 
       製鉄所建設前の八幡村                           芳賀種義

 

●製鉄所建設 1897(明治30年)~1901年(明治34年)
長閑な寒村だった八幡村の地に、わずか3年間で製鐵所を完成させる。
旧本事務所、旧鍛冶工場、修繕工場(以上世界遺産)、東田第一高炉、軌条ロール工場、大型ロール工場、
中型ロール工場、小型ロール工場、薄板ロール工場、高見貯水池、炉材工場他
    
     岸壁建設の様子               旧本事務所            東田第一高炉

 

東田第一高炉火入れ    1901年(明治34年)
ドイツのGHH社の技術で設計・建設そして操業を開始するも、故障の連続で惨憺たるすべり出し。
所定の出銑量がいつまでたっても出ないありさま。
その危機を救い、日本の産業発展の礎を築いたのが野呂景義
          
           東田第一高炉                  製鉄所の様子                野呂景義

 

鈴木商店 門司に進出 1904年(明治37年)~
国際貿易港として繁栄していくなか、製鉄所建設の候補地ともなった門司・大里地区に神戸の貿易商
鈴木商店が進出してきた。
1904年(明治34年):大里製糖所(現在の関門製糖)、1912年(明治45年):帝国麦酒(現在のサッポロ)
1914年(大正3年):大里酒精造所(現在のニッカウヰスキー
         
        ニッカウヰスキー               関門製糖              帝国麦酒(門司麦酒煉瓦館)

 

八幡製鐵所/第一次拡張期 1906年(明治39年)~1910年(明治43年)
日露戦争が膨大な軍事物資供給が必要となり、鋼材生産量年間18万トンに拡張。
東田第三高炉、分塊工場、小形工場、線材工場、鉱滓煉瓦工場他、八幡泊地
  
     東田の高炉群              製鉄所の様子             製鉄所周辺の住宅

 

八幡製鐵所/八幡泊地 1906年(明治39年)~1925年(大正14年)
原料の荷卸し、成品の積出の為に岸壁が建設された。
西田岸壁東部:1906年、中央岸壁:1920年、堂山製品岸壁及び松ヶ島岸壁:1922年
西田岸壁西部:1925年
    
     八幡泊地全景              中央岸壁               堂山製品岸壁

 

安田工業 八幡で洋釘造りを開始 1908年(明治41年)
1897年(明治30年)、安田財閥の創始者・安田善次郎が、東洋で初の釘製造を決意し、

東京深川で、東洋初の洋釘の製造販売を開始。
1908年(明治41年)に八幡工場を建設し、八幡製鐵所で製造した、国産線材を使った
洋釘づくりが始まる。

           
     辰野金吾設計の工場     八幡製鐵所から材料を運んだ線路の跡       工場の様子

 

明治専門学校の開校 1909年(明治42年) 
日本の産業発展に、理想的な工業技術者の育成を目的として、安川敬一郎

松本健次郎親子が設立した。
初代総裁に山川健次郎を迎え、「技術に堪能なる士君子」の養成を掲げ、

その後の産業発展に大きく貢献、1949年(昭和24年)現在の九州工業大学となる。
   
     旧本館 辰野金吾設計           当時の機械               現在の正門

 

八幡製鉄所/遠賀川水源地ポンプ室(世界遺産) 1910年(明治43年)
製鉄所拡張計画に伴い、大量の水が必要となり、遠賀川から製鉄所まで水を送るため、

遠賀川水源地ポンプ室が造られました。 現在も現役として稼働中。
      
           遠賀川水源地ポンプ室                    送水管

 

八幡製鐵所/第二次拡張期  1911年(明治44年)~1915年(大正4年)
日露戦争後、鉄道、造船更には工場・道路・港湾等の整備のための鋼材需要が大きく伸び、鋼材の
年産30万トンに能力アップ。 東田第4高炉を中心として、製鋼・圧延部門を増強。

 1912年の製鉄所の状況

 

多くの企業が北九州で誕生 1910年(明治43年)~
1910年(明治43年):森田範次商店(現在のシャボン玉石けん)
1911年(明治45年)田村汽船(現在の日本水産)、出光商会(現在の出光興産)
1915年(大正4年):安川電機製作所(現在の安川電機)
1917年(大正6年):東洋陶器(現在のTOTO)、
1918年(大正7年):黒崎窯業(現在の黒崎播磨)、山九運輸(現在の山九)
                 
        シャボン玉石けん           安川電機                  TOTO

 

八幡製鐵所/第三次拡張期  1918年(大正7年)〜1929年(昭和4年)  
第一次世界大戦下の輸入断絶、民間需要拡大に対応するために、年産75万トンに能力アップ。
東田第5、6高炉、コークス炉新設、銑鉄鋳銑機、第三製鋼工場、珪素鋼板工場、河内貯水池
養福寺貯水池他
   
     東田の高炉群          八幡製鉄所で作った国会議事堂の鋼材

 

他の製鉄会社の創業 1917年(大正6年)、1918年(大正7年)
日本の鉄鋼需要増大に伴い下記の製鉄所が北九州で生まれた。
・1917年:九州製鋼所(八幡)、 後の新日鉄、現在の新日鉄住金 八幡製鐵所 
・1917年:東洋製鉄(戸畑)、後の新日鉄、現在の新日鉄住金 八幡製鐵所 
・1918年:浅野小倉製鋼所(小倉) 後の住友金属小倉製鉄所、現在の新日鐵住金八幡製鉄所
      
     東洋製鋼所(現在の戸畑)        浅野小倉製鋼所(現在の小倉)

 

八幡製鐵所/本事務所移動 1922年(大正11年)
・初代本事務所:1899年に建設された赤煉瓦2階建て、製鉄機械同様に

ドイツの建築様式を取り入れた
当時としては、最もバタ臭い(西洋風)なものであった。
・2代目本事務所:官界、経済界に誇るべき地位を示すために、

所要資材全てを八幡製鐵所のものを使ったルネッサンス様式の3階建てのモダンな事務所。 

1922年から使用された。
     
      初代本事務所              2代目本事務所

 

八幡製鐵所/河内貯水池 1919年(大正8年)~1927年(昭和2年)
土木技師・沼田尚徳の指揮のもと、8年の歳月をかけて完成させた、自然と調和した、第一級の
近代化産業遺産。 完成当時は東洋一のダム。
    
   建設の様子                   堰 堤                 南河内橋

 

八幡製鐵所/くろがね線 1927年(昭和2年)~1930年(昭和5年)

3年の歳月をかけてつくった、八幡と戸畑地区を結ぶ製鉄所専用の鉄道。

その工事は製鉄所の社員で行い、中間地点に当たる総延長1180mの宮田山トンネルは
出水等に見舞われて難工事だった。
    
   宮田山トンネル戸畑側入口      宮田山トンネル八幡側入口             枝  光

 

八幡製鐵所/厚生施設 & 守護神
大谷会館 1927年、 高見倶楽部 1928年、 高見神社 1933年
        
     大谷会館               高見倶楽部               高見神社

 

初回の八幡空襲 1944年 (昭和19年) 
B29による日本本土の最初の空襲が八幡製鐵所を標的としたもので、6月16日、そして8月20日に
人命と設備に甚大な被害をこうむった。東田・洞岡コークス炉、鋼板工場、西田発電そして動力・ガス・水道
電話などが寸断。また同時に北九州5市全土に多大な被害があった。
  
    B29による空襲           投下されたB29の残骸(若松)          門司の状況

 

終戦前の八幡大空襲 1945(昭和20年)年8月8日
一瞬にして目の前が煙で覆われた。2500人もの尊い命が一瞬で奪われ、町や工場も壊滅状態。
石炭の入手が困難となったが、操業を維持すべく社員が炭鉱で労働しながら危機を乗り越えた。
 
  
     八幡製鐵所の状況               前田地区の状況         

 

長崎に原爆投下 1945年 (昭和20年)8月9日

       
           原爆投下                爆心地              平和記念像
小倉が第一目標地であったが視界不良のため、第二目標地の長崎に変更。
11時2分、長崎に投下、街は壊滅的な被害を受け、多くの尊い人命が奪われた。
そして、8月15日に終戦を迎える。
長崎は、この苦難を乗り越え、美しい故郷を取り戻すために努力し、そして被爆地の使命として、
核兵器による惨禍が再び繰り返されることのないよう、核兵器廃絶と恒久平和の実現を世界に訴え続けている。

 

環境問題 1950~60年代
当時公害を防止する環境対策技術がなく、国内最悪の大気汚染と死の海と化した洞海湾。
市民運動を発端に、世界でも類の無い方法で、官・学・企業をあげた取組で公害対策を行った。
1987年(昭和62年)に、環境庁の「星空の街コンテスト」で大気環境が良好な「星空の街」に選定され
公害克服が証明された。
        
  1950年代の東田           1960年代の洞海湾         洞海湾浚渫

 

若戸大橋開通 1962年 (昭和37年)
洞海湾に架設された、若松と戸畑を繋ぐ我が国最初の吊り橋。
完成当時は東洋一の吊り橋、溶接の信頼性の問題から、リベット継手を使用した構造。
八幡製鐵所で製造した鋼材 24,000トン使用。
         
        若戸大橋全景                            若戸渡船

 

北九州市発足 1963年 (昭和38年)
明治に入り、1989年(明治22年)に大日本帝国憲法が発布、各地で合併が行われ新しい村や町が出来る。
各地で産業が発達し、5市が誕生。 1899年(明治32年):門司市、 1900年(明治33年):小倉市
1914年(大正3年):若松市、1917年(大正6年):八幡市、1924年(大正13年):戸畑市
それから、5市で一大都市圏を形成しながら共通のインフラも持ちながらも、異なった行政地域であったため、
各市間を一体化して都市機能を有効に発揮し、一体感のあるまちづりをすべく、1963年に北九州市が誕生。
         
  北九州市誕生              北九州市庁舎            市庁舎に隣接する小倉城

 

1970年代の様子
    
     2代目本事務所                   皿倉山から望む八幡製鉄所

 

八幡製鐵所/東田第一高炉(第10次)  1972年(昭和47年)吹止め
1962年に第10次の改修工事を行い、24時間365日休みなく10年間操業を続け、高炉の神様
田中熊吉が生涯を全うするのと同じ年の1972年に吹止され、日本近代製鉄の聖地・東田の高炉の
幕を閉じた。現在高炉設備一式が、そのまま完全な状態で保全されている、世界で唯一の遺産。
  
   東田第一高炉全景             鋳 床                トピードカー

 

関門橋開通 1973年 (昭和48年)
関門海峡の下関市壇之浦と北九州市門司区を結ぶ、、開通時点では日本最大規模の橋。
3径間の吊り橋で、補剛桁はトラス。橋梁等の防食法には溶射が採用。
八幡製鐵所で製造した鋼材 30,000トン使用
         

 

八幡製鉄所/戸畑へ鉄源集約 1976年(昭和51年)
八幡の洞岡高炉群、焼結工場、コークス工場及び東田の製鋼工場の全ての工場を休止。
八幡地区は、圧延工場だけを残す。
戸畑地区に鉄源を移し、戸畑第一高炉と第四高炉を改修、製鋼工場を新設

若松に焼結工場を新設。
    
               戸畑地区全景              海から見た戸畑地区              高 炉

 

北九州市ルネッサンス構想 1994年 (平成6年)~
1901年に製鐵所が操業を開始し、日本の産業発展を礎を築いた場所、1972年に東田第一高炉が休止後
東田地区及び洞岡地区の製銑・製鋼関連の工場休止に伴い、広大な120ヘクタールが遊休地となった。
新日鐵は道路、電気、ガス、等のインフラを整備し、北九州市ルネッサンス構想を基に新しいまちづくりが
始まる。
    
     東田地区の全景              スペースワールド       イノベーションギャラリー&東田第一高炉

 

北九州エコタウン 1997年 (平成9年) 
あらゆる廃棄物を他の産業分野の原料として活用しする、リサイクル事業に

1997年に川取り組む企業団地で1997年に日本で初めて承認を受けた。
    
        北九州エコタウンセンター           風力発電                九州製紙

 

現在の北九州市  世界を牽引する環境都市
2008年(平成20年):環境モデル都市に認定、2010(平成22年):アジア低炭素化センターを開設、

2011(平成23年):「環境未来都市」やOECDからアジア初の「グリーン成長モデル都市」に選定。
日本の近代産業の礎をつくった北九州市、世界の低炭素化社会実現に向けた牽引役としての
新たな挑戦が行っています。

           
    
平尾台                八幡、若松地区             洞海湾

 

 

 - Blog, ●ブログ