Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are a specialist of Fukuoka and Kyushu tour

日本人のお客様の団体旅行と外国人のお客様のカスタマイズ旅行の専門会社です

Kyushu Photo Gallery

世界遺産物語 第8話 / 満州事変と洞岡地区の拡張

世界遺産物語 第8話 / 満州事変と洞岡地区の拡張
   海に築く製鉄所の先駆け
第一次世界大戦後、アメリカも1929年にウォール街の株式暴落で恐慌が起こり、
それが世界中に波及していった。日本では1930年(昭和5年)に昭和恐慌が起き、
国際的緊張に対応するために軍事力強化を図る。
そして、1931年に勃発した満州事変は日本の産業に大きな意味を持つ。
鉄鋼原料と製品市場確保のために軍事力により中国・満州に踏み込んだものであり、
膨大な軍事を通じて、重化学工業及び関連産業の発展を促進した。
一方、金本位制の停止が赤字公債の発行による財政支出の増大によって、
産業活動を刺激する道を開いた。
 
洞岡地区の拡張
洞岡地区(葛島と東田地区の間の海)は、高炉で発生した鉱滓の捨て場として、
1918年(大正7年)頃
から埋め立てが開始された。
 
                  埋立の様子(奥は東田地区)
当初は、有事の際の原料や鉱石を2~3年分確保する用地づくりが目的であった。
しかし、八幡地区は拡張の余地がなくなったため、この場所に新しい工場が次々と建設される。
 
海に築く製鉄所の先駆け (1930年1938年)
洞岡は日本鉄鋼業の立地の特徴である「海に築く製鉄所」の先駆けとなった。
東田地区はドイツ式のレイアウトでつくったもので、陸上輸送による内地原料を主眼とし、
製品の運搬に自然への勾配を利用する目的で、製鐵所の一番高い海抜15mの土地に
高炉を建設した。
しかし、原料の大部分は海外から船舶で輸入しており、汽車や索道による構内運搬費が
かさんでいた。
大きなコストダウンを図る目的で海岸に高炉とコークス炉を建設した。
  
         4基の高炉群                            現在の様子

・1930年:洞岡第一高炉火入れ、洞岡コークス炉操業開始
・1933年:洞岡第二高炉火入れ
・1937年:洞岡第三高炉火入れ
・1938年:洞岡第四高炉火入れ、洞岡第五コークス炉作業開始


ー世界遺産物語の目次ー
第一篇 古来の鉄づくりから官営八幡製鐵所創業までの歩み
・第1話 日本最古の鉄器は糸島で出土
・第2話  種子島に鉄砲伝来
・第3話 江戸幕府の政権安定策と鉄づくり
・第4話 幕末の日本に変化が起きる
・第5話 日本の産業革命の始まり 
・第6話 反射炉で始まった日本の鉄づくり
・第7話 釜石で始まった洋式高炉による鉄づくり

・第8話 釜石から八幡へ
・第9話 官営製鐵所建設の背景 その1 
・第10話 
官営製鐵所建設の背景 その2
・第11話 野呂景義による幻の製鉄所建設計画 
・第12話 
営製鐵所建設地が八幡に決定
・第13話 わずか4年で田畑に製鉄所をつくった偉業
 
第二編 八幡製鐵所創業から終戦までの歩み
・第 1話 八幡製鐵所の苦難の船出
・第 2話 日露戦争が八幡製鐵所拡張に拍車をかける
・第 3話 日露戦争後の反動不況と鉄鋼需要の伸び
・第 4話 第一次世界大戦後に鉄鋼需要が大幅に伸びる
・第 5話 河内貯水池物語
・第 6話 くろがね線物語
・第 7話 高見神社物語
・第 8話 満州事変と洞岡地区の拡張
・第 9話 戦争時代の終焉

 - Blog, ●世界遺産物語