Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

北九州の観光情報

九州の最北端に位置し、関門海峡を介して本州・山口県を繋がっている交通の要所です。

門司、小倉、若松、八幡、戸畑の5市が合併してできた人口94万人の政令指定都市です。

1889年に門司港が日本で初めて国際貿易港に指定され、1901年に八幡で近代製鉄所が誕生して

以来、日本の産業近代化を牽引してきたまちです。そして現在は世界の環境をリードする

環境未来都市です。

近代の北九州の歴史は「日本の産業近代化に貢献した北九州の歩み」をご覧ください。

 


 

小倉城

小倉のランドマークである小倉城

あまり大きく見えない天主閣であるが、実は全国で6番目の高さです。

1602年から細川忠興が約7年かけて唐造の天守閣を築城し、細川氏の熊本転封の後、1632年に

譜代大名である小笠原忠真が入城し、以後幕末まで小笠原氏が居城した。

   

 

門司港レトロ

門司港が1889年に大陸貿易の拠点として特別輸出港に指定され、この地に多くの産業が生まれ、

ここから日本の産業近代化が始まりました。

また、ノーベル物理学賞受賞のアインシュタインが1922年に初めて来日して、門司港に滞在し

その時に ❝見るもの全てが芸術作品❞と門司港を絶賛しました。

2017年(平成29年)には、門司港レトロを含む関門海峡が関門”ノスタルジック海峡として

日本遺産に登録されました。


 

東田地区

日本の近代製鉄発祥の地で、日本の産業近代化をリードしてきた場所です。

さまざまな歴史を歩み、日本の産業発展に大きく貢献した場所です。

 東田第一高炉

 世界遺産・旧本事務所

  八幡泊地


 

河内貯水池

八幡製鐵所の第三次拡張工事での水源地拡張対策の一環とし1919年に竣工し延90万人の人々の
手で1927年に完成したその総指揮者が、土木技師の沼田尚徳、当時は東洋最大級のダムで
「土木は悠久の記念碑」というヨーロッパの土木哲学を具現化すべく英知と情熱を注いだ大事業
近代化産業遺産としての価値だけでなく、北九州国定公園の自然と調和した、心和む場所です
この美しい景観の裏側には 「愛と悲しみ、そして情熱」の河内貯水池物語があります


 

皿倉山 

標高622mの山頂から北九州市を一望できる皿倉山。

夜になると、日本新三大夜景にも指定されている、世界一ダイナミックな夜景が楽しめます。

山頂までは、皿倉山登山鉄道のケーブルカーとスロープカーを使えば、山麓駅から山頂駅まで

10分で行くことが出来ます。

また複数の登山ルートが整備されていますので、トレッキングを楽しむこともできます。


 

平尾台 

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されています。

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。

千仏鍾乳洞、目白洞、牡鹿洞、青龍窟などの鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのある

カルスト地形が広がっています。トレッキング等にも最適の場所です。


 

白野江植物公園

1952年頃、個人の植物公園 「四季の丘」として開園し、市民に40数年間親しまれて

きました。1993年(平成5年)北九州市が買取り、約3年の年月をかけ公園の整備並びに改修工事を

行いました。1996年(平成8年4月)に「北九州市立 白野江植物公園」として 発足し、

現在に至っています。  

 

 

環境未来都市・北九州市

日本の産業が始まったまち、その後常に産業の先頭を走りながら、日本の産業近代化に
大きく貢献したまちで、現在は環境モデル都市・北九州市です。
今我々は、地球温暖化をはじめとして大きな環境問題に直面しています。
その問題にみんなで取組むために、北九州での取組等を紹介します。
 

 

北九州の遺産

 

“関門”ノスタルジック海峡

関門海峡のストーリー性を持った歴史的価値が評価され、2017年(平成29年)に

“関門”ノスタルジック海峡が日本遺産に登録されました。関門地域を空から見下ろすと、

本州と九州とが互いに手を伸ばし、今にも陸続きになりそうな地形が目に入ります。

海峡を挟んだ両岸からは、山々が海にせり出すように対峙し、そこからは大型のタンカー

旅客船が途切れることなく往来する海峡 景観とレトロな近代建築が建ち並ぶ街並みを

望むことができます。


 

堀 川

堀川とは、遠賀川と洞海湾を結んだ人口の河、そのルートは遠賀川から八幡西区・楠橋、中間市、
水巻町そして八幡西区・折尾を経由して洞海湾洞海湾に繋がる、堀川の全長は12.1Km。
江戸時代初め、遠賀川はいく度も洪水を起こし周囲の村々に大きな被害をもたらした。
このような状況下、遠賀川の支流をつなぎ、洞海湾にその水を灌ぐことで洪水や、
干ばつの被害を防ぐ目的として堀川を建設されました。1621年に着工し、建設中には幾多の困難に
直面し、183年もの歳月をかけて1804年に完成した。
その後、筑豊の石炭輸送のために利用されるようになり、日本の産業近代化に大きく貢献しました。
 

 

北九州の地図

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報  

 


 

 - 北九州市の観光情報