Japan KYUSHU Tourist  ジャパン九州ツーリスト株式会社

We are the specialist’s for travel and tours in Kyushu, Japan
warmly welcoming customers from all over the world.

九州を旅行する日本人をはじめとする、世界中の人たちの旅行会社です

TEL +81 93-521-8897
FAX +81 93-521-8898
E-mail

九州の環境関連施設

福岡県を除く九州で環境やエコ関連の視察や研修できるところを紹介します。

 

玄海エネルギーパーク(九州電力 玄海原子力発電所)

原子力発電のしくみや安全性、放射線など、科学のエネルギーについて

学ぶことができる施設です。

映像やゲームによってエネルギーのことを体感することができます。
住所:佐賀県東松浦郡玄海町今村浅湖4112-1

 


 

九州電力 八丁原地熱発電所

高原と温泉の町・九重町に位置するわが国最大の地熱発電所です。

九州電力の2番目の地熱発電所として1977年(昭和52年)に運転を

開始しました。

住所大分県玖珠郡九重町大字湯坪字八丁原601


 

玖珠ウインドファーム

標高675mの鏡山の山頂付近に三菱重工業製の定格出力1,000kWの

風力タービンMWT-1000Aを11基設け、認可出力は11,000kW。

発電した電力は、全量を九州電力に売電しています。

 

住所:大分県玖珠郡玖珠町


 

臼杵市ごみ処理施設 / 不燃物処理センター

清掃センターで処理された「燃やせないごみ」「資源物」の選別残渣や、

粗大ごみ処理施設の破砕残渣などを埋立する最終処分施設です。

屋根付最終処分場として周辺環境に配慮して公害の少ない施設と

なっています。

住所:大分県臼杵市大字久木小野1110-1番地


 

姫 島

ジオパークに指定され、アサギリマダラの休息地ともなっている自然環境

豊かな姫島。定期的な島の清掃活動、缶・ビン・ペットボトルの

リサイクル率を向上させるデポジットシステム及び地球温暖化防止に向けた、

観光の電気自動車システムを学ぶことができます。

住所:大分県東国東郡姫島村


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

 

福岡県の環境関連施設

北九州市を除く福岡県で環境やエコについて視察・研修出来るところを紹介します。

 

福岡市水素ステーション

下水を活用した世界初の水素ステーション。中部水処理センターで処理

した汚泥から水素を取り出し乗用車用に水素を供給する設備です。

またそのプロセスから取り出した二酸化炭素はハウスでの野菜栽培に

有効活用しています。

住所:福岡市中央区荒津2丁目2-1


 

おおき循環センター「くるるん」

生ごみや海洋投棄処理をしていた浄化槽汚泥・し尿を、エネルギー資源

として、また有機肥料として活用。生ごみ、し尿、浄化槽汚泥を処理する

機械や液肥を貯蔵するタンクのほか、環境学習棟には、環境学習室、

資料展示室、バイオガスガス灯などの施設を備えています。

住所:福岡県三潴郡大木町大字横溝1331-1


 

糸島クリーンセンター

糸島市内で排出される廃棄物を収集し処理する施設で、リサイクルプラザと

ごみ溶融処理施設から構成。リサイクルプラザでは、収拾した資源ごみと

不燃ごみに分別し、アルミ、スチール缶やペットボトル等を再利用できる

ようにパッキングする。ごみ溶融処理施設では、可燃ごみ、粗大ごみや汚泥

等を溶融炉で処理し、溶融された金属類とスラグに分けて再利用します。

住所:福岡県糸島市志摩西貝塚122


 

エコパーク宗像

源循環で潤いのある環境を目指す宗像市のごみや廃棄物を集積し、

処理する施設ごみの分別を行い、再利用化を行うリサイクルプラザと

不燃ごみを処理するガス化溶融施設を見学し、家庭でのごみの分別の

大切さを学びましょう。

住所:福岡県宗像市池浦600番地1


 

姉子の浜鳴き砂

二丈町の玄界灘に長さ1km、幅20mの弓状に広がる砂浜、歩くとキュツ

キュッと不思議な音を出す。しかし、一時期環境問題で鳴かなくなったが、

環境整備によって再び泣き出した日本でも例のない砂浜で、地球環境保全

の大切さを学ぶ。

住所:糸島市二丈鹿家

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

 

北九州の発電プラント

地球温暖化の要因の一つに、化石燃料を使用した発電があります。

その対応策として、発電所側での二酸化炭素の排出量を減らす方策や、電力使用者側での

節電の大切です。また、化石燃料を使用しない発電方法として、風力発電や太陽光発電があります。

 

九州電力 新小倉発電所

九州電力初のLNG(液化天然ガス)を利用した、環境に優しい火力発電所。

年間約100万トンのLNGを使用し、発電能力は180万KW(3~5号機合計)、

LNG専用の発電所で、北九州市全域をまかなっています。

住所:福岡県北九州市小倉北区西港町64番地1


 

響灘風力発電

北九州市は、環境にやさしいクリーンエネルギーの積極的な導入を

進めています。響灘風力発電施設は、響灘に面する日本初の港湾地区

にあります。現在10基の風車が稼動しています。高さ65mの塔に

直径75mの大きな羽根が付いており、その景観は圧巻です。発電規模は、

3,500万kwh、約10,000世帯分の年間電力消費分です。


 

J-POWER 電源開発

エネルギーと環境の共生を目指すJ- POWER
太陽光発電の開発、トマト生産事業やバイオテクノロジーの研究更には未来を担う

人材育成も行っています。

 

住所:北九州市若松区柳崎町1番


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

北九州の廃棄物処理・リサイクル施設

北九州市は廃棄物を資源として有効活用し、適正処理する廃棄物処理・リサイクル

技術が進んだ都市です。 

廃棄物発生量の抑制や再使用・再生利用・熱回収に関する技術システムがあります。

また環境汚染を招かぬように、収集運搬、焼却等の中間処理、埋立処分を衛生的に行う

衛生的な技術システムがあります。

可能な限り廃棄物は発生させない、発生した廃棄物は資源として再利用する、そんな

循環型社会を構築する方法を北九州で学びませんか。

 


 

北九州市エコタウンセンター

北九州市では、これからの「資源循環型社会」を目指して、リサイクル

工場や研究施設などを集め、環境と調和したまちづくりを行う「北九州

エコタウン事業」に取り組んでいます。北九州市エコタウンセンターは、

エコタウンを支える情報センターとしての役割を担い、エコタウンでの

取組みの紹介等を通じて、環境学習や交流活動のため施設です。

住所:北九州市若松区向洋町10番地20


 

西日本ペットボトルリサイクル

自治体や事業者が回収した使用済みペットボトルを受け入れ、再生

処理して再生PET樹脂を製造しています。

再生PET樹脂は、食品トレイや繊維、洗剤ボトル等、さまざまな

用途で幅広く再利用されています。

住所:北九州市若松区響町1丁目62番


 

九州製紙

西日本地区で発生するさまざまな古紙(上質古紙、オフィスペーパー、

機密書類、牛乳パック、切符など)を原料として高品質のトイレットペーパー

を生産する最新鋭工場です。製紙工程の一部で製鉄業の排水をカスケード

利用するとともに、製紙工程の排水を製鉄排水に併せて共同処理します。

住所:北九州市八幡東区大字前田洞岡2-1


 

新門司工場

新門司工場は、集められたごみを1700℃以上で溶融処理しており、

1日に720トンのごみ処理が可能です。

ごみ焼却時に発生する熱エネルギーを有効利用し、最大23,500

キロワットの発電を行うことができます。

住所:北九州市門司区新門司三丁目79番地


 

日明かんびん資源化センター

市内で回収された、かん、びん、ペットボトルを選別している施設です。

選別された、かん、びんなどはリサイクル事業者に引き渡され、かん、

びんは再びかん、びんの原料などとして、ペットボトルは衣料品の原料

などに、紙パックは再生紙やトイレットペーパーの原料として、

食品用トレーはプラスチックの原料や建築資材としてリサイクルされます。

住所:北九州市小倉北区西港町97番地の3


 

日明浄化センター / ビジターセンター

汚水を浄化し、海に放流することで、北九州市の自然環境と

生活環境を守り、自然エネルギーの活用や下水道資源の有効活用

もしている施設です。ビジターセンターで施設概要と下水道に

関する学習後、場内の見学をします。

住所:北九州市小倉北区西港町 96-3


 

ウォータープラザ北九州

世界の水問題解決のため、日本の技術と経験を生かし、持続可能な先進の

水循環ソリューションを提供する施設です。

海水から真水をつくる画期的な取組を行っています。

住所:北九州市小倉北区西港町961


 

井手浦浄水場

貯水池や河川からの水を浄水し、安全でおいしい水を家庭に供給

しています。豊かな自然環境の中で良質な水を利用して、わさびの

栽培とヤマメの飼育などを行う「やまめの里」があり、自然学習や

水源地交流などに取組んでいます。

住所:北九州市小倉南区大字井手浦418


 

響灘処分場

市内で発生する一般廃棄物(不燃性のごみや焼却工場の燃え殻等)や

市内の中小企業から排出される産業廃棄物、公共工事などから発生する

土砂やがれき類等を、若松区響町にある響灘西地区廃棄物処分場で

最終処分・海面埋立しています。

住所:北九州市若松区響町

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

北九州のエコツーリズム

北九州のエコツーリズムは環境学習の要素を持ち自然を探訪するツアーです。

現在地球の温度上昇により、現在まで異常気象を始めとして、様々な問題が発生してつ

きております。その地球温暖化を防止するための一つの方法が、自然保護です。

北九州の美しい自然の場所を訪れ、大切な地球環境を守るためことを学びましょう。

 

平尾台

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されています。

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~

600m級の山が点在します。千仏鍾乳洞、目白洞、牡鹿洞、青龍窟などの

鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのあるカルスト地形が広がっています。

トレッキング等にも最適の場所です。


 

皿倉山

標高622mの山頂から北九州市を一望できる皿倉山。夜になると、

日本新三大夜景にも指定されている、世界一ダイナミックな夜景が

楽しめます。山頂までは、皿倉山登山鉄道のケーブルカーとスロープカー

を使えば、山麓駅から山頂駅まで10分で行くことが出来ます。

また複数の登山ルートが整備されていますの。


 

河内貯水池

幡製鐵所の第三次拡張工事での水源地拡張対策の一環として8年の
歳月をかけて、延90万人の人々の手で1927年に完成しました。
その総指揮者が、土木技師の沼田尚徳、当時は東洋最大級のダムで、
自然との調和をコンセプトに「土木は悠久の記念碑」という
ヨーロッパの土木哲学を具現化すべく英知と情熱を注いだ貯水池です。

 

曽根干潟

小倉南区の東側に広がる市内最大の干潟で、面積は517haあります。
市内でも有数の野鳥の宝庫として知られています。特に、世界的にも

数が少なくなっている「ズグロカモメ」の日本でも有数の越冬地と

なっています。また、2億年前からその姿をほとんど変わらない

『生きた化石』とも呼ばれているカブトガニの生息地ともなっています。


 

響灘ビオトープ

廃棄物処分場として埋め立てた敷地に自然発生した自然の楽園です。

整地されていない埋立地に雨水が溜まって湿地ができ、鳥などが

運んできた植物の種から木が自生し、環境省の絶滅危惧種に指定

されているチュウヒをはじめとする237種の鳥類や、284種の植物などが

確認されています。


 

若松北海岸

若松北海岸は、玄海国定公園の始まりの場所です。その中で、最も眺望が

美しいところが遠見ケ鼻です。妙見埼灯台があります。灯台の立つ断崖

から見下ろす海の色、沖の島々、しま模様を描いた岩肌など見応えが

十分です。この景色は環境未来都市・北九州を代表する自然の美の

一つです。

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

環境・エコツアー

 

地球温暖化防止をはじめとする地球環境問題やエコを学ぶツアーです。

我々が住む地球は毎年気温が上昇していっており、現在まで異常気象を始めとして、

様々な問題が発生しております。その地球温暖化の進行を阻止し、大切な地球の環境を

守ることが、地球上に住む我々の大きな課題となっています。

当社は美しい自然環境恵まれ、環境やリサイクルの施設が整った環境未来都市北九州を

中心に、見学・視察や環境学習の機会を提供する、環境・エコツアーを行っています。

 


 
当社が提供する環境・エコツアー

一般団体向けと北九州市環境衛生連合会々員向けのツアーを提供しています。

見学・視察や環境学習の訪問先はご希望に応じてアレンジします。
また、交通手段(貸切バスの手配)、添乗員や環境・エコガイド、更には食事場所の
アレンジも含めた、環境・エコツアーの企画から実行まで全ての業務を承ります。
 
一般団体向け
小学校、中学校、高校や大学、更には一般団体向けにアレンジします。
また、外国の学校や大学、行政や一般団体の見学・視察も対応します。
 

 
北九州市環境衛生総連合会々員向け
SDGsの視点も取り入れ、後世に伝承する地球環境対策を学びましょう。
環境やをエコを学ぶ場所を2ヶ所以上組込んで研修を行います。
人 数:15名~80名
日 程:ご指定のスケジュール
交通手段:貸切バス
食事場所:お勧めの場所を提案します
環境・エコツアーガイドジャパン九州ツーリスト株式会社 近藤 政一
 
  

 
北九州市内の環境・エコ訪問先
 

廃棄物処理・リサイクル施設

北九州市は廃棄物を資源として有効活用し、適正処理する廃棄物処理・

リサイクル技術が進んだ都市です。

可能な限り廃棄物は発生させない、発生した廃棄物は資源として再利用する、

そんな循環型社会を構築する方法を北九州で学びませんか。


 

環境学習施設

北九州には、さまざまな環境学習の施設や豊かな自然環境があります。

環境未来都市北九州で環境とエコを学びましょう。


 

発電プラント

地球温暖化の要因の一つに、化石燃料を使用した発電があります。

その対応策として、発電所側での二酸化炭素の排出量を減らす方策や、

電力使用者側での節電の大切です。

また、化石燃料を使用しない発電方法として、風力発電や

太陽光発電があります。


 

エコツーリズム

エコツーリズムは環境学習の要素を持ち自然を探訪するツアーです。

現在地球の温度上昇により、現在まで異常気象を始めとして、様々な

問題が発生してきております。その地球温暖化を防止するための

一つの方法が、自然保護です。北九州の美しい自然の場所を訪れ、

大切な地球環境を守るためことを学びましょう。


 

北九州市を除く福岡県内で環境やエコ関連の視察や研修できる

ところを紹介します。

都市ごみの焼却・溶融処理、バイオマスの利活用技術や自然学習の

エコツーリズムなど

 


 

福岡県を除く九州で環境やエコ関連の視察や研修できる

ところを紹介します。

都市ごみの焼却・溶融処理、バイオマスの利活用技術、発電技術や

自然学習のエコツーリズムなど


 
環境・エコツアーのモデルプラン

北九州市民の皆さまの環境とエコを学ぶツアーです。

我々が住む地球は毎年気温が上昇していっており、現在まで異常気象を始めとして、

様々な問題が発生しております。その地球温暖化の進行を阻止し、大切な地球の環境を

守ることが、地球上に住む我々の大きな課題です。このツアーでは環境とエコのスポット

を巡りながら、地球温暖化の原因とその解決策を考えて行きます。

 

    

地球温暖化防止についての提案を下記サイトにまとめました。参考にご覧ください。
 

 
北九州の皆さまのツアー
 
北九州市外や県外の環境団体の環境・エコツアー
 

 

 お問合せ

ジャパン九州ツーリスト株式会社

福岡県知事登録旅行業 第3-688号

電話 093-521-8897   FAX 093-521-8898

Email info@japan-kyushu-tourist.com
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6階       


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

北九州の環境学習施設

北九州には、さまざまな環境学習の施設や豊かな自然環境があります。

環境未来都市北九州で環境とエコを学びましょう。

 

北九州市エコタウンセンター

北九州市では、これからの「資源循環型社会」を目指して、リサイクル

工場や研究施設などを集め、環境と調和したまちづくりを行う「北九州

エコタウン事業」に取り組んでいます。北九州市エコタウンセンターは、

エコタウンを支える情報センターとしての役割を担い、エコタウンでの

取組みの紹介等を通じて、環境学習や交流活動のため施設です。

住所:北九州市若松区向洋町10番地20


 

環境ミュージアム

環境学習・交流総合拠点施設です。今日、地球温暖化や廃棄物問題を

はじめとして、様々な形で環境問題が急速に深刻化しています。

その原因の多くは、人間一人ひとりの日常生活の積み重ねにあります。

環境にやさしい持続的な社会を実現するために学の場を提供しています。

住所:北九州市八幡東区東田2丁目2-6


 

響灘ビオトープ

廃棄物処分場として埋め立てた敷地に自然発生した自然の楽園です。

整地されていない埋立地に雨水が溜まって湿地ができ、鳥などが

運んできた植物の種から木が自生し、環境省の絶滅危惧種に指定

されているチュウヒをはじめとする237種の鳥類や、284種の植物などが

確認されています。

住所:北九州市若松区響町一丁目


 

北九州市ほたる館

ホタルをはじめとして、いろいろな水辺の生き物を展示し、水辺の

自然環境を学習することができます。屋外では、いろいろな生きものが

住む小さな小川を目指して整備された、『実験水路・せせらぎ水路』

などを見ることができます。

住所:北九州市小倉北区熊谷2丁目5−1


 

水環境館

紫川沿いにある水環境の学習施設です。地下にある館内には、魚や鳥、

虫の視点で自然を体感できるコーナーや生態水槽があり、北九州市の川や

環境について楽しく学べます。巨大な「河川観察窓」は、セイゴやクロダイ、

モクズガニなど四季折々の紫川の生き物を観察できます。

住所:北九州市小倉北区船場町1-2


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行 

 


 

北九州市内ツアー / 環境とエコを学ぶツアー

北九州市の自治会、婦人会、老人クラブ、趣味のクラブ、職場の仲間、同窓会などの

団体の旅行にご利用ください。更に、シビックプライド醸成のための市民講座や

小学校、中学校、高校や大学の研修ツアーにもご利用ください。

 


 

ツアーのポイント

北九州市民の皆さまの環境とエコを学ぶツアーです。

我々が住む地球は毎年気温が上昇していっており、現在まで異常気象を始めとして、

様々な問題が発生しております。その地球温暖化の進行を阻止し、大切な地球の環境を

守ることが、地球上に住む我々の大きな課題です。

このツアーでは環境とエコのスポットを巡りながら、地球温暖化の原因とその解決策を

考えて行きます。

ツアーガイド:ジャパン九州ツーリスト㈱ 近藤

 


 

行 程

8:30 北九州市のご指定の場所出発

・北九州エコタウンセンター

・響灘ビオトープ

・響灘風力発電設備

・軍艦防波堤

・小倉リーセントホテルで昼食

・平尾台

・曽根干潟

17:00頃 北九州市のご指定の場所解散

 


 

ツアーのハイライト

北九州エコタウンセンター

北九州市では、これからの「資源循環型社会」を目指して、リサイクル工場や研究施設などを
集め、環境と調和したまちづくりを行う「北九州エコタウン事業」に取り組んでいます。
北九州市エコタウンセンターは、エコタウンを支える情報センターとしての役割を担い、
エコタウンでの取組みの紹介等を通じて、環境学習や交流活動に積極的に利用して
いただくための施設です。


 

響灘ビオトープ

響灘を廃棄物処分場として埋め立てた敷地に自然発生した自然の楽園・響灘ビオトープ。

整地されていない埋立地に雨水が溜まって湿地ができ、鳥などが運んできた植物の種から

木が自生し、環境省の絶滅危惧種(鳥類レッドリスト絶滅危惧IB類)に指定されている

チュウヒをはじめとする237種の鳥類や、284種の植物などが確認されている生態系を守る

ため全体(約41ha)のうち約7haが公開されています。

 

 


 

響灘風力発電

北九州市は、「世界の環境首都」を目指し、環境にやさしいクリーンエネルギーの積極的な

導入を進めています。響灘風力発電施設は、響灘に面する日本初の港湾地区にあります。

現在10基の風車が稼動しています。高さ65mの塔に直径75mの大きな羽根が付いており、

その景観は圧巻です。発電規模は、3,500万kwh、約10,000世帯分の年間電力消費分です。

     

 

軍艦防波堤

若松港(現在の北九州港)の長さ770mの防波堤のうち約400mを、駆逐艦「涼月」

「冬月」「柳」の3隻の船体を沈設して作られました。「涼月」「冬月」はコンクリートで

完全に埋設されましたが、「柳」は船体上部の船体の形を約80mにわたり留めています。

軍艦防波堤からの対岸は日本製鉄 九州製鉄所や若戸大橋、そして皿倉山まで望めます。

この場所で世界平和と対岸の工場群を見ながら地球温暖化について考察します。


 

平尾台 

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されています。

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。

千仏鍾乳洞、目白洞、牡鹿洞、青龍窟などの鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのある

カルスト地形が広がっています。


 

曽根干潟

曽根干潟は、北九州市小倉南区の東側に広がる市内最大の干潟で、面積は517haあります。
背後の曽根新田地区とあわせて市内でも有数の野鳥の宝庫として知られています。

特に、世界的にも数が少なくなっている「ズグロカモメ」の日本でも有数の越冬地と

なっています。また、2億年前からその姿をほとんど変えずに生きてきたことから、『生きた化石』

とも呼ばれているカブトガニの生息地ともなっています。環境省のレッドデータブックに指定

されていることから、ラムサール条約に曽根干潟が登録されることを目指す動きがあります。

 

 

旅行代金

お客様の人数、発着場所、食事の内容や訪問する観光施設等の旅行条件に従い

パッケージとして見積致します。

 


 

北九州の地図

 


 

お問合せ・お申込先 

ジャパン九州ツーリスト株式会社

福岡県知事登録旅行業 第3-688号

電話 093-521-8897   FAX 093-521-8898

Email info@japan-kyushu-tourist.com
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6階

 


 

ホーム サービス 北九州発バスツアー 環境・エコツアー 個人旅行 九州の観光情報 外国人旅行